細胞に学べ!

こんにちは、Jです!

前回は私たちの性格は6歳までに既にできあがっちゃっていて、潜在意識もそれまでの環境・経験でプログラミングされちゃてます💦 ということを書きました。

じゃあ、それってどうやって変えられるの??? もう無理なの? どうすればいいの?
という疑問がずーっとありました。
著者のブルースさんは「潜在意識を認識すること」がまず第一歩で、それにはカウンセリングなどで自分が無意識にしている行動・思考を知ることから・・・とおっしゃっていました。  う~ん・・・

そんなとき! そういった潜在意識を変えるアプローチ手法を同期のひろみさんが学んでいらっしゃるというニュースが!! 本当に私たち9期生は

問題を提起すると誰かが必ず答えをもっている・・・それも凄く良いタイミングで

というもの凄いチームなんです。

ブルースさんの本を読んでから「細胞」について興味を持ち始めています。
細胞って人間より賢いかも!?
というのが今の感想です。

細胞ひとつひとつには、例え単細胞であっても知性があり、
自分(細胞)にとって害のあるものは避けようとし(逃げる)、益のあるものには近寄るという行動を取るそうです。
そして、細胞個々に生き延びるのではなく、グループやコロニー(集団)を作って共同作業することにより、より複雑かつ高等な生物になってきた・・・その頂点に立っているのが人間です。

人間の身体の中でも細胞はちゃーんと役割分担をしていて、それぞれの器官は日本でいえば都道府県のような地方自治体として機能しており、脳は中央政府、身体全体に指令は出すけど各自治体から「問題あり」の連絡があるまでは、自治体お任せ運営になっているそうです。

細胞くんたち、凄いですよね!
日本はここまで地方分権が機能しているのか? と思ってしまいます。

ブルース氏は米国本土の一流大学の教授だったにも拘わらず、様々な事情からカリブ島の医大の教授をされることになります。
そこの医大生たちは、経済的、人種的、犯罪歴など様々な理由から本土の医大への入学ができなかったいわゆる「落ちこぼれ」と言われる学生たちでした。

ブルース氏も、本土の鼻持ちならないエリート意識の強い学生と違い、医師になれるかどうかわからない(ほぼ絶望的)な学生たちを相手に少し気楽に(というか好きなように)授業をするのですが、この学生たちはブルース氏が絶賛する賢い細胞の習性(グループで共同作業をし、より高度になっていく)を手本に、お互い協力し合い、助け合いながら学んでいきます。
米国本土のほとんどの医大生は皆競争意識も強く、とにかく自分が上に上がっていくこと、ライバルを蹴落とすことに必死ですから、協力し合う、助け合うなんて考えもしなければ余裕もありません。

ところが、最終的に、この落ちこぼれ(だったはず)のカリブ島の医大生たちは、米国本土の学生たちよりも優秀な成績を修め、奇跡を起こしたそうです!
いやいや、まさに人間が細胞から学んだということですよね。

これからの日本も世界も、カリブ島の学生たちが細胞から学んで成功したように、人種や性別、年齢関係なく協力し合い、助け合うことにより豊かな地球をつくり、奇跡を起こせるといいですよね・・・細胞に学べ!

 

[Andoyo] パワーストーンにも意思がある

お花とお喋りできる人、

動物とお喋りできる人、

様々な人がいますが、
私はパワーストーンとお喋りできる人です。

 

いまどう思っているか、
どうしたいのかもわかります。

 

石(いし)は
意思(いし)に通じるところが
あるのかもしれませんが、
結構はっきりとした主張がある石も多いです。

置いて欲しい場所とか、
扱い方とか、
頑張ったら感謝して欲しいとか。

 

「パワーストーンにも喜んでもらう」
ということが大事になってくると思います。

 

パワーストーンも、
自分が好きな人のところ、
本当に喜んでもらえる人のところに行きたいと思っているので、

なんかちょっと可愛いから買ってみよう、
くらいのノリでお家に連れてくると、
パワーストーンに喜んでもらうということが
中々できないように思います。

 

近藤麻理恵さんの

『人生がときめく片づけの魔法』

の中にも
ときめくものだけを残す
ということがおススメされていますが、

ときめく!くらいの感じなら

石からも喜んでもらえると思います。

くくり組の魂の記憶〜73より〜

夏至へのカウントダウンで
最近やたらと、熱量が上がっている
73(なみ)です

投稿が遅れてしまって
ごめんなさい!!!

ホメオパシーを共に学ぶ
CHOM9期の私たちも、2年生に進級し、
4月後半から
いよいよ2年生の授業がはじまりました。

そんな私は、
かれこれ10年ほど前から
ヒプノセラピーという
前世療法(退行催眠心理療法)とも言われる

心理療法を行う
ヒプノセラピストとして活動しているので

魂の記憶については、
やたらと感じることがあります。

ヒプノセラピーってね

アメリカでは、
医療として認められている心理療法なのですが

記憶の貯蔵庫になっている潜在意識にアクセスし、
クライアント自ら、現実生活で問題となっている
意識の根源を紐解くためのナビゲートをしていくんです。

潜在意識って無自覚、無意識ですから
自分でのアクセスは難しいものですが

ナビゲートすることで
より明確にエネルギー(感情)の解放をしていくことが
できます

私は、独自のやり方でクリスタルボウルの音を使っていくので
より深く、時空次元を超えた
無意識領域へのアプローチができるのです

そんなソウルナビゲーターなので

これまでに様々な魂の物語
無意識の奇跡
一緒に
見せてもらうことになります。

こちら

とはいっても・・・

より深い領域まで
クライアントをお連れするためには

自分自身の探求なしには難しく

私にとって
この魂の探求は、変態的に
やめられなくなっていくのです!

そんな中で

ホメオパシーに
出会うことで私自身が

劇的に変容していきました

ただ・・・私のこれまでは、
あまりにも好転反応が激しすぎる体験ばかりで
私の生徒さんやクライアントには、
おすすめできなかったのです

それでも

レメディにたまらなく惹かれる

トキメク私の衝動を感じて

学校に入ろう!決めた頃

私の仲間 数人に

「火あぶり」にあっている
前世の記憶を指摘されます・・・

確かにそれは、何度となく繰り返し
潜在意識に刻まれた
私の過去の記憶なのだろうけれど

自分のことはさっぱり分からないのですよ

ただ、私の覚悟を試されているのは

よくわかりました。

ですから、

わたしは、自分の大好き
何度も確かめて
過去は過去として未来を全く新しいものに

創っていくことを決意して

入学したわけです!

 

そして、やっぱり全ての出逢いは、必然で

ホメオパシーの学校に通う9期の仲間にも

深い深い
魂のご縁を感じていきました。

私も相当な
変わり者だと思っていましたが

9期は、濃ゆいな〜〜〜!!!!

わりと〜

みんな〜

平均的に

だった・・・・笑

そんな仲間たちといると

妙に・・・安心します〜

学校以外でも
勉強に励んだり

私のサロンでも
勉強会をしてくれるようになりました。

出会うべきして出会った仲間たちには

それぞれ
ホメオパシーに出会うまでの流れを聞くだけでも

ドラマか?ってくらい
素敵な素敵な
それぞれの物語があるんです。

そして、

なぜか
妙〜〜〜〜に、気が愛
共に学びを深めています

この繋がりは

前世からの
深い繋がりは、否めないよ〜〜

看護婦のみゆきさんが
追試試験のために

みんなに病理を

わかりやす〜〜〜く
解説してくれました

 

マヤズムの勉強を独自で深めている
ヒロミちゃんは、
わかりやすいマヤズム講座をしてくれました

特に
大好きなホメオパシーレメディの話になると

止まらないのほど盛り上がります

私は、
こんなみんなを
ただ眺めているのが
大好きなのです

懐かしく
愛おしくて

勉強よりも何よりも

写真ばっかり撮りたくなってしまうのですよ。

だってね〜〜

何百年?何千年の
再会だもん

撮っておきたくも
なるわ〜〜💕

*・゜゚・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・゜゚・*

そんな私達の
2年生初の
病理の授業は、

腎臓でした

その日は、
みわちゃんの後ろに座って

この授業を
いつものように

ボーーーーっと聞いていたのですが

実は、私は最近

昨年骨折した私のパートナーのヒロさんの
最近のエネルギー状態が気になっていて

その日は、
どうも授業の内容が頭に入ってこない・・・・

授業の後、

ふと

みわちゃんに

「うちのダーリンは死を急いでる気がする
でも、こんなことを口にしたら
余計に現実化してしまうんだよね・・・・・」

と思わず自分の不安を
打ち明けると

涙を浮かべて

その思いを感じてくれる みわちゃん

実は、みわちゃんの旦那様は、数年前に
腎臓を患って
若くして亡くなっていて

「今日の授業の全ては
テストに出たら満点だったよ」

と話してくれたのです

もちろん、みわちゃんのそんなこれまでを
知っていたはずなのだけど・・・・

 

だから

私は、今日は
みわちゃんの後ろに
座ったんだね〜

腑に落ちました

魂は何度も生まれ変わっている

そして、

この世界は、
自分の意識が創り出している幻想なんだ

もう死や生を超えた
魂の話ができるほど

みわちゃんとは

魂の深いご縁があることを
出会った時から
お互い感じていました

何千年も前から
何度も一緒に生きてきた
深い繋がりを感じる仲間に
であうと

わたしは、ついつい
前世の記憶はあるのに

今世のことに
疎かったことを

後から
気づいたりします・・・

今世は、子供がいるのか?
あ、結婚してたんだったね!?

みたいにね。。。。

でね、そんな私が
変な予感を受け取って

その時は、どうしても
死の不安がよぎって
自分でも深い意識を解放していくんだけど
どうも拭えない

 

さすがに、半べそをかきながら・・・

そんな私の変な感性を誰よりも理解してくれる

変態マスターの

ヨウスケくんにも打ち明けてみました

すると・・・・

「彼に光を灯してあげたら大丈夫ですよ」

そんな風に言ってくれるのですよ・・・

妙に・・・感動

そもそも
こんなおかしな私の予感を
否定なんかされないから

私は、どれだけ救われてきたことか

とにかく
地球を救いに来たんじゃないか
っていう

みんなみんな

優しい魂の持ち主なのです。

 

その週の授業が終わってから

みわちゃんが

よかったら読んで

といって

前から苦手だと言っていた
ブログの
リンク先を
教えてくれました

あれ〜
こんなの書いていたの??

そのブログは、

みわちゃんの旦那さんとの
これまでの闘病記
だったのです

私は、帰り道に

そのブログを読みながら

家に着いた頃には

号泣して
涙が止まらなくなっていました

いつも素敵な
彼女の笑顔の裏には

今世

ここまで
壮絶な体験があったのかと・・・

知っているようで
知らなかった

当時の彼女の感情や想いを

そのまま自分に移して
震えるほど
泣きました

 

そして

 

その涙とともに
私が抱えていた不安は
全て

洗い流されていくのです

 

私がやたらと
感じていたことの全てが
そこにありました

みわちゃんが
既に
全ての体験をしてくれていたことに
気づいたのです

私の意識が
選択しようとしていた
パートナーの死

それを
既に、みわちゃんがしていることで
私は、もう体験しなくていいんだよ

と教えていくれているようでした

 

私は、そこで
感じたかったエネルギーを
何度も読み直しながら
感じ尽くして
リセットすることができた気がしました。

 

みわちゃんの体験は、私だけでなく
多くの方のレメディになると思います

 

よかったら読んでください
(本人の許可をもらってご案内します)

*・゜゚・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・゜゚・*

最愛の夫と命の選択

脊髄梗塞を患い、闘い抜いた夫とその家族のブログ
夫が闘病を終えた時に
読み返してもらう為に残した記録

★最初の記事は、こちらから

2017年8月

*・゜゚・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・゜゚・*

彼女は、ここから
大きく大きく進化していったのがわかります

常に最愛の人に見守られていることを
今も身近に感じながら

ホメオパシーに出会い
日々
日常で活用していくことで

 

もともと持っていた

サイキックな能力を
開花させいく

 

死を知ることで
本当の生を知っていく

命の美しさや深さを
私に教えてくれました

みわちゃんの
旦那さんの

優しく大きな愛が
私にまで
伝わってくるのです〜

 

何があっても大丈夫!!!

私たちは、また

出会えたのだもんね💕

 

私は、いつも感じるんです〜〜〜。

ホメオパシーを通して

統合医療を学んでいる私たち9期の仲間は、

本当に素晴らしいハイルクンスト

真の治療家に
なるであろうと・・・

それは、

優秀な何者かになるのでもなく

本来の自分
戻っていくことで

本来の自分の力を思い出すってこと

それこそが
必ず
誰かの多大なる力を想い出させ
この世界を変えていく!!!!!

 

だって〜〜〜
既に
そうなのだもの

 

少なくとも私は、

多大なる癒しと力を
今この瞬間も
みんなから
受け取っています

それぞれがそれぞれに
なるだけでいい

もっと色濃く
変態に
なっていくんだろうな〜〜!!!!

くくり組

やっぱり
ヒトは、そもそも
誰しも、治療家であり
セラピストであり
ヒーラーなんだと思えて
ならないのです。

 

私の愛する
くくり組

この出会いは、出愛

共に愛を深めていく
仲間であることを感じています

いつもいつも
ありがとう

愛しているよ〜

なみ

いざ栃木へ!

お久しぶりの投稿です。

前回の投稿は試験の直後だったんだ…と感慨深い気持ちで振り返っていましたが、明日は学校の追試試験日です。

私は予想通り追試だったのですが…

今日は一先ず、栃木県の鹿沼市に来ました!

柊というイタリアンレストランがあるのですが、ここのオーナーさんはとにかく現代版仙人のような、すごい方です笑

私たちのいかされいる生命の仕組みをしっかり理解されていて、地球に還すものは汚さない、磁場を整え、菌との共存を自分らしく進化させ続けている、本当に素晴らしい方です。

そもそも同じクラスのゆみちゃんが導いてくれたテネモスさんとのご縁で、今回は栃木まできて美味しいお料理と、オーナーの知恵を特別にシェアしてもらえるというスペシャルな時間を過ごしていますが、せっかく栃木まで来たんだから、今月は日光まで行って泊まろう!と思い立ちました。

私は月一回、旅をする事を自分に課しています。というか、したいのでしています。

意識って面白いですよね。最近本当に思うのですが、出来ると思えば出来るし、信じて疑わないから、人生がそうにしかならない。

とにかく決めちゃう。

お金が…とか思う暇もなく、準備されちゃうので、ありがたい事にこうやって来れているんだなぁと思います。

旅の理由は、日本の素晴らしさを感じたいし、あわよくば素敵な土地なら、引っ越したいと思っているからです。それに、磁場の良い所に行くのも好きです。

明日は日光から、金谷ホテルのお庭や近くの橋や神社、東照宮なんかも巡って来たいと思います。

明日の試験を受けると思っていたら、来られなかったであろう今日のご縁に感謝して、明日も楽しんでゆっくり帰ろうと思います。

昔の自分だったら、試験が気になっちゃっって、旅行どころじゃないよ‼︎

とか、言ってただろうなぁ…。

今の

この世的価値観を解放でき始めている自分が、大好きです☺︎笑

 

 

 

 

私たちの性格は生まれる前にもう半分形成されちゃってる?

こんにちは! Jです。

最近になっていきなり読書欲が旺盛になり・・・というか、次々と読みたい本が出てきて、その読んだ本がまた更に新しい興味を呼び、次に読みたい本が出てきて・・・そしてそれらの本に書いてあることは結局皆同じ事を言っている・・・という不思議な体験をしています。
ただでさえホメオパシーの勉強をする時間が少ないのに、暇さえあれば読書してます。
速読の技術がないので苦労しながら(笑)
いちいち本を買っているとお金が無くなるので図書館通い。図書館で本を借りるなんて学生以来のウン十年ぶりですが、今の図書館凄いですね~!  ネットで本が検索できて、予約までできちゃう! 初めて税金を払った恩恵を受けていると実感。

で、今読んでいる本がコチラ↓
思考のパワー—意識の力が細胞を変え、宇宙を変える

次に読みたい本は同じ著者の↓

なんですが、細胞生物学博士であるブルース・リプトン氏が
「DNAなんてただの設計図で細胞はもっと賢いんだぞぉ~! 意識だってもってるんだぞ~!」
なんて言っちゃってるんですよ。 面白いですね~ ( ^ ^ )

そして、驚愕の事実・・・

私たちが考える心、「認知的な思考、アイデンティティ、自由意志」つまり「自意識」、願望、希望、意思を持つ心の部分は顕在意識ですが、それが脳全体のたった5%しかないという事実をご存知の方は多いと思います。

よって、潜在意識といわれる私たちがコントロールできない部分は脳全体の95%! この潜在意識はなんと妊娠から6歳までの発達期間にプログラムされるそうです。
両親、兄弟姉妹、小学校の先生、地域社会を見たり聞いたりしながらその経験は直接脳にダウンロードされ、
「その子の可能性を伸ばすだけではなく逆に、自分に対して限界を作ったり自己破壊的になってしまうような間違った認識を持つ原因ともなる」
ということです。

母親は妊娠中、胎児に栄養だけではなく、胎盤を通して感情のシグナル、ホルモン、ストレスなどの化学物質によって胎児の生理と発達に影響を与えている。

胎児の神経システムには子宮で経験したことが刷り込まれ、母親からダウンロードされた感情的な情報により、生まれる頃には既に性格の半分が形成されている(!!)

ただし、最も影響力があるのは、生まれた直後から6歳までに潜在意識にプログラムされたもの

”その期間に子供の脳は話せるようになり、ハイハイし、立ち上がり、最終的には走ったりジャンプしたりと複雑な動作を学びながら、経験したことすべてを感覚として記録している。 同時に、自分の周りの世界や、それがどう動いているかという膨大な情報に全神経を使い、また、親や兄弟や親戚がどう反応するかというパターンを観察しながら、自分の行動が社会的に受け入れられるものかどうかも判断できるようになる。 特に6歳になる前に取得された認識が、その子の性格の基礎となる潜在意識のプログラムとなるのが重要な点 “

ということなんですねぇ~・・・

いやいや、世の中のお母さんたち、責任重大すぎませんか?
ウチの母親にこの話をしたら、
「こんな重大なこと、妊娠する前の人たちにちゃんと教えてもらわないと困る!!」 とコーフンしてました。
そうそう、お母さん、アナタが私の性格の基礎をつくったのよ・・・(笑)

まあ、この話は世の保護者の責任を問う話ではなく、人間の行動とは

1. 遺伝子によってプログラムされたもの(本能)
2. 潜在意識に記憶されたもの
3. 自意識に基づく行動

に基づいているため、脳全体の95%を占める潜在意識にプログラムされたものが私たちの行動や考え方に実は大変な影響を与えていること、それは潜在意識のため、自分で自覚がないこと(なぜ自分はいつもこんなことしちゃうんだろう、どうしてあの人はいつもああなんだろう、なんていう行動とかね)、ほとんどの個人的・文化的な問題は、無意識の振る舞いが自分に見えていないのが原因

であり、

自分の行動が潜在意識にどう影響されていたかが一度わかると、自分で自分を許せるし、誰もが他人(6歳までの周囲)にプログラムされてきたことに気づく。

だから自分を許せる! そして他者も許せ!

ということなそうです。

そして、潜在意識とは機械的なしくみで、自分の振る舞いを記録するテープにダウンロードされたものを繰り返すだけのしくみなそうです。 よって、潜在意識に向かって一方的にアプローチしても無駄。

じゃあ、どうやって自分を細胞を変えていくんだ!
というところはこれから読むところです(すみません、ブログ書くまでに読み終わりませんでした💦)

ただ、この本を読み始めてから、今まで仕事で
「なぜこの人はいつもこうなんだろう。 なぜ変われないんだろう。」
と思っていた疑問がすーっと解けて楽になりました。

だって、その人のせいではなく、生まれてから6歳までにプログラムされてしまった潜在意識があり、その制限を受けているんですからね。

子供がおもちゃ売り場でおもちゃが欲しい! と泣き叫び駄々をこねたとき、父親が取りあえず静かにさせようと思い
「おまえにはこのおもちゃはもったいないんだよ」
と言ったとします。 そうすると、その子の脳には「自分はおもちゃにふさわしくないんだ」という体験がダウンロードされるのだそうです。

その潜在意識が大人になってから作用し、会社で仕事が順調にいき、「このままいくと管理職になれる」「給料が上がる🎶」と思っていたのになぜかつまらないミスをしたり上手くいかない方向に流れていってしまう(そういう行動をとってしまう) → 欲しいものを手にいれるのは自分に「ふさわしくない」という潜在意識に制限される

ということなそうです。

このように書いていくと、まるでインナーチャイルドのお話・・・と気付いた方もいらっしゃるでしょうか。
そうです!
私たちはホメオパシーの勉強で「インナーチャイルド問題の解決が治癒とても大切」ということを学びます。

世界的な細胞生物学博士のブルースさんも6歳までに形成される潜在意識の影響の大きさを指摘されているんですね~・・・
だから読書はやめられない(笑)

[Andoyo] 自分に似合うパワーストーンの見つけ方!

私は、人に似合うパワーストーンを見つけるとき、
感覚で選ぶのですが、
少し見えてきたものがありますので、
お伝えします。

ご自身に合うパワーストーンを見つける際の
一助としていただけたらと思います。

 

まずは、透明度。

水晶のように透明度が高いものがあれば

オニキスやラピスラズリなど、透明でないものもあります。

人から影響を受けやすい人は、
透明度の高いものが合います。

人に影響されにくい人は、
透明度の低いものが合います。

石の種類でも大きく異なりますし、
同じ石でも、
透明度が高いものと低いものがありますので
その辺りも一緒に見ていくと面白いかもしれません。

 

次に大きさ。

ブレスレットを例にとりますが、
小粒のブレスレット(直径 ~8mm)が合う方は
控えめなタイプが多いです。

反対に
大粒のブレスレット(直径 12mm~)が合う方は
物怖じせず意見が言えるタイプが多いです。

10mm前後が合う方はバランスが良いです。

 

次に美しさ。

価値観として、「美」を大事にする方は
宝石と呼ばれるものが合います。

純度が高かったり、カットがキレイだったり。

美に対してそんなに価値を置いてない方は
むしろ岩っぽい石の方がよく似合います。

 

最後に複雑さ。

様々な色が混じっていたり
見る角度によって色が変わる石は
複雑な性質をもった人によく合います。

ザ・シンプル みたいな方は、
一色、一種類の石。がよく合います。

 

いかがでしょうか。

少しイメージが膨みましたら幸いです。

 

ちなみに

「憧れの色、石」と「似合う色、石」は
全く違うので、
よく、ご自身と向き合うと
より良い出会いがあると思います。

思いついたらすぐに突っ走るタイプ。

こんにちは、みことです。

日曜日は心理の事例検討会でした。守秘義務があるため細かくはお伝えできませんが、アートと箱庭を使ったケースを聞き、又色んな感想も出て、素敵な時間でした。

支援の現場によっては相談者が自殺するかもしれない、ということがあります。組織や金銭、時間という枠はありますが、援助者が時には必死の関わりをして相談者を支え、又変化していくこと、引き続き困難は続いたとしても、素晴らしいなぁ~と思います。

カウンセリングの時にアートを使ったり、エネルギースケッチをしてもらったりということはあるのですが、箱庭療法にも興味があり、いつかやりたいなぁ~と思っています。(移り気ってわけじゃないんですけど笑、良くも悪くも色々興味があります)

5日はちょうど新月でしたね。

リセットの時でもあるのでしょうか、少しつらいことがありましたが、まあ、捨てる神あれば拾う神ありでもあるのかなぁと自分を少しなぐさめています。(神さん捨てるんかいというえらい表現ですけどね)

名前を新たに、4月から始まった毎月1日に行う

『デスカフェカレンデュラ・オンラインサークル』

は先日第二回が終わりました。

お一人ずつ、トーキングスティック(マイク)をまわす形式をとっています。話したい人は話し、他の人はただ聞くという作業をして頂きます。死やグリーフのテーマをそれぞれが語り合うという一般的にはディープな場でもあり、又私個人的には毎回素敵な言葉が聞ける体験を重ねています。

思いつめた気持ちや、人に言いづらい悲しい気持ちなど、少し話すだけで、ほっとしたり、ほぐれることってありますよね。
そして最後のワークでは、癒しのハーブ、カレンデュラさんの力をお借りしています♡

社会には色んな受け皿がありますが、これからもこの場を長く継続してゆきたいと思います。

「あ、今日は時間があるからデスカフェ行ってみようかな」みたいな感じで繋がってもらえると良いなぁ~と思っています♪

(参加しやすい金額に設定しているため、存続のためのドネーションも受付けていますのでよろしくお願いします)

 

宣伝とはなりますが、
明日6日からは夜20時より隔週で「自由になろう!引き算しよう!からだのミニマルライフ勉強会」をオンラインで行います。このために相当学びました~。。少人数ですが、日本で健康に生きるために、気軽に薬を飲んでしまわないために、どんなことをしていくと良いかというビックテーマに関して、アウトプットできることを楽しみにしています~♪

せっかくなのでセラピストの視点や、潜在意識やスピリチュアルな観点からのお話もしていきたいと思います。(私はホメオパシーの知識はまだまだですが、少しお薦めレメディなんかもお伝えいたします)

第二回5/21は不眠や睡眠薬から自由にになる というテーマで認知行動療法から生まれた自己催眠のリラックス法、薬の機能的な身体への作用などを学びます。

 

ではお次はようすけくんです。

日本という国の美しさ

 

こんにちは。ひろみです。

令和元年、初の投稿ができて嬉しいです✨

 

私がアメリカに留学しているとき、

アメリカ人とネパール人の友人から

「日本の国歌ってどんな歌?」

「歌って。」

と言われて、二人の前で歌ったこと

があります。

 

君が代を外国人の前で歌ったのは

初めてでした。

 

そのときに、久しぶりに君が代を歌

ってみて、しかも独りで。

 

歌いながら、私は、

なんて美しい歌なんだと感動してい

ました。✨

 

試験前で勉強していた深夜2時の教室で、

たまたま国歌の話題になり、

二人の友人はただシーンと、

私の歌う君が代に耳を傾けていました。

 

その時の異様な緊張感を今でも覚え

ています。

 

友人たちは、なんて美しい曲なんだ

と感動していました。

 

 

小学生の時から行事や式典があると

皆んなで合唱していた君が代。

 

でも、日本人以外の前で歌ってみて

初めてその曲の美しさに気づいたの

です。

 

 

外国の国歌は華やかでドラマチック

なものが多いです。

音符もたくさん並びます。

 

 

でも、日本の国歌はごく短く、

削ぎ落とされ、洗練された言葉で、

静かに始まり、静かに終わるのです。

 

そしてその言葉が、

ほかでは聞いたことのないような

美しい旋律にのります。

 

 

外国の友人がその歌にうっとりする

のをみて、

わたしはこんな美しい国歌をもつ国

に生まれて、なんて誇らしいんだろ

うと思いました。

 

その時から私は、君が代が大好きに

なりました。

 

 

歌える機会があると、嬉しくて

歌いながらその美しい曲に聴き惚れています。

 

 

 

白地に赤の日の丸の国旗も好き。

 

 

シンプルで、何の誇張もないのに

美しい。

 

 

国歌と同じように、外国人から

日本の国旗はとても美しい

と言われます。

 

 

日本人が受け継いだ、

 

深く、目に見えない精神性。

 

それをことばで表現するのは、

とても難しいのだけれど、

 

人の心に伝わり、染みる、

その美しさ。✨

 

 

その美しさに気づけて、良かった。

と思います。

 

 

Ameba Blog✨Live your bliss

https://ameblo.jp/channik

 

 

 

 

平成最後の日〜祈りと感謝を込めて73より

私たちが通う
カレッジ・オブ・ホメオパシー

学校も

2年生の授業が
はじまったばかり
新たなことが始まる春ですが

気づけば

平成最後の日
という時代の歴史的瞬間を

迎えました!!!

普段
テレビを見ない私も

今日は
朝から

天皇陛下が

皇居・宮中参殿へとむかう

即位の儀を

テレビ越しに拝見していただきながら

様々なことが浮かび
泣いてばかりです。。。。

 

実は、

1年半前に

勤労奉仕のお会釈 会で

天皇両陛下と皇太子殿下と
初めて
お話しする機会をいただきました。

 

 

勤労奉仕とは、

国民なら誰でも!!!

15名以上の団体で
4日間の皇居のお掃除させていただける
ご奉仕ホランティア活動です

4日間の中でも

運が良ければ、
天皇両陛下と皇太子殿下に
直接お会いすることができる
お会釈があります。

 

宮古島から

東京に帰ってきたばかりの私は

東京1のパワースポット

勤労奉仕で

人生が変わった!
という友人の話を

何度か聞かされることになり

 

大人の遠足気分で皇居へ

毎年、春に
参加させてもらっていました。

 

なにより

東京のど真ん中に位置する
皇居の大自然に癒される!!!!

毎回毎回
とても感動的な
体験をさせてもらっていたのです。

そして

4回目になった
2017年の10月

どうしても私が団をつくって
団長を
しなくてはならない流れになり・・・

縄文の歴史書と言われるホツマツタエを勉強する仲間や
御神事や舞の友人や先生
私が主催している
セラピストや講師を育成をしている
イザナミ校の生徒さんに、声をかけて

全国各地から集結したメンバー
プラス 私の父親も加わり

「いさなみ あわの会」奉仕団

を結成しました!!!

私たちは、古代ヲシテ文字で
「あわの歌」が書かれた

お揃いの
Tシャツと手ぬぐいを
5元素をモチーフに
オリジルデ製作をお願いし

これを全員着用して、挑んだのです

朝早くに
皇居に集まり
警察の厳重な警備と点呼をしてから整列して
皇居内に入ります

宮内庁の方に案内されて

私たちのご奉仕期間は、
4つの団体がいて

それぞれ分かれて
皇居内の清掃をしていきました。

広大な敷地の中は、

一般では決して入ることのできない
国賓を迎えるお部屋や
園遊会のあの庭園や
国の重要文化財の数々

テレビで見たことがある場面を

お掃除しながら
庭師の方の楽しいお話とともに

実は、
見学案内をしていただくという
おもてなしばかり・・・・

皇居内は、
広大な敷地になっているので

4日間での作業と歩く距離は
かなり!!になるのですが

それよりも何よりも

巨木や大自然に溢れていて

と〜〜〜っても気持ち良す!!!

ご奉仕中の皇居内での撮影は、
一切禁止ですが

プロのカメラマンさんによる記念撮影は

赤坂御所と2回ほどあります

実は、この4日間のうち

お会釈会があるのか
いつ行われるのかは

わからないのですが

天皇両陛下、皇太子殿下は、
激務のご公務の中でも

何より国民との関わりや

ご奉仕団への労いのため

御会釈を楽しみに
大切に大切に
してくださっているのがよく分かります。

そして、実は・・・

団長は、

団員の代表として

天皇両陛下
皇太子殿下へ

日頃の活動内容を
説明をするために
直接お話します。

基本的に聞かれたこと以外
余計なことや発言することや行動も
決して許されない
厳重な警戒のもと行われるのですが

そんな
緊張感の中

誰もが

不思議なほど
溢れる涙を止められなくなります。

これは、本当に説明のしようがないのですが

天皇皇后両陛下を

間近にすると
涙は、勝手に溢れてきてしまうのです。

実は、私は、
こんな体験をもう3回もしていて

とてもじゃないけど
団長なんて
務まるわけがない!!!

と、とにかく
団長だけは、
断固拒否したのですが・・・・

みんなの説得と

そんな小心者で天邪鬼な自分から
抜け出したい!
という思いに立ち返っての
初挑戦でした・・・・

ところが
いろんなデトックスが同時に起こって

その期間

私は、ひたすら咳をし続け
みんなに終始心配される始末・・・・

そんな中

赤坂御所では

皇太子殿下との御会釈がありました。

こんな言葉を使っては
失礼に当たるのかもしれませんが

実物の皇太子殿下は、

とてつもなく凛々しく!!!!!
カッコいいのです・・・

何より

お話しするときは
相手の目を

射抜いてしまうんじゃないかと思うほど

しっかりと見つめる

目力が半端ないのです!!!!

そんな目でみられたら

私は、何も喋れなくなる・・・

なんて

とてつもなく緊張して

その時をまっていたわけです。

しかし

実際は、

皇太子殿下と目があうと
とてつもなく優しい優しいエネルギーに溢れていました

「みなさんは、どのような活動をされているのですか?」

と聞かれ

思わず、

「あのね」

なんて
言ってしまいそうになるほど
(冗談です)

実際は、びっくりするほど

緊張はほぐれ

非常にお優しい!!!!!

「私たちは、
縄文の歴史書と言われるホツマツタエを勉強しながら
古代日本の歴史や神話や古代文字について学び
日常で あわ歌を唄い、舞、祈りを大事にしている奉仕団です」

と、答えました

「そうですか、どうかお体に気をつけて」と

私の後ろに整列した
団員みんなに
目を配ってくださいました。

 

これから陛下になられる皇太子さまの

貫禄は
年々増していくのを感じていました。

そして

わたしたちは、また元氣に!

園遊会のお庭の
落ち葉拾いや雑草取り
お掃除に励むことができました!!

 

皇居の中でも
もっともエネルギーが高い場所があります

 

それは

今回、退位の儀が行われた
日本の神事をおこなう聖域

 

賢所(かしこどころ)

宮中三殿

と言われる

天照や八百万の神々などが
祀られ

天皇陛下を中心に
国の大事な
神事が執り行われる場所になります

つまり

日本の祈りの根幹となる聖域なのです

この中へ入る門は、
神事が行われるとき以外は
固く閉ざされていて

これまで
中を覗くこともできないその門の
外から

神社の参拝と同じく
二礼二拍手をして
参拝させていただくのです

この周辺は、
別格!といってもいいほど
神気を感じる

とても気持ちの良い
エネルギーが
漂っているので
非常に印象的な空間でした

 

ところが

いつもは・・・・

宮内庁の庭師の方が
それぞれの団を
案内されるはずのところを

4日目の最終日

私たちの団だけ

白い袴の
神職さんが
迎えに来られ

後に
ついていくと

いつの間に・・・

その宮中参殿の中へ
通されいたのです

先頭を歩いていた私は、

まさか?と疑いながらも

これが
いつもの道と違うことに

だんだん
気づきはじめるのですが・・・・

団員として参加している人のほとんどが
勤労奉仕
初参加の方が多く
誰も気づいてはいないのです

私は、何度も何度も振り向いて
やばい!やばい!!!

っと
挙動不審にジェスチャー
ちょっぴりパニック状態・・・

そして、

宮中参殿の中で
正式参拝のように
みんなで順番に参拝をさせていただき

案内をしてくれた
若い神職さんから

これから1年でもっとも大事な神事となる
神嘗祭
準備を手伝っていただきます
と、説明をされました

この宮中三殿の中でのご奉仕は、

とても稀なことで

震えてしまうほど
その中は、
それはそれは
神聖なエネルギーに溢れていました

なんで私たちの団が
通されたのかは
いまだに謎ですが

実は、気づけば・・・

私の団には、世界各地で祈り舞い
日々祈りを大事にしている方々

普通の生活をしながら日常の中で神事をしている
ような方ばかりの集まりでしたから
(これらの内容について申請はしていません)

荷物の運び出しをして
作業をしている
団員の皆さんの姿は、

かつて
天皇に仕えていた古代の巫女や神官のように
も見えて来て

どこか懐かしく
とても自然な光景にさえ見えました。

そんな宮中三殿での
作業を終えて

休憩をするために移動していたところで

太陽の周りに
大きな虹が出て

神職さんが
こんなに大きな虹は、初めて!!!と
感動していたそうです

私は、団長として
そのとき 宮内庁にて賜り物を
受け取っていたので

その後

仲間と合流したときに
虹の説明してくれるみんなの目が
とにかく
キラキラしていました

そして、

その直後に

天皇皇后両陛下とのお会釈がありました。

厳重警備の中
お車が
部屋の目の前に到着すると

ゆっくりゆっくり
寄り添いながら登場された
両陛下

間近でお会いするお姿は、
とてつもなく神々しく

お姿が近づくにつれて
涙をすする音が部屋の中に聞こえてきます

その国民を見渡す視線は

まるで愛おしい我が子を見るように

優しい

とんでもなく慈愛に溢れてい流のです

言葉にすると
なんとも胡散臭いのですが

普段泣くことがないと言ってた男性も
泣かずにはいられなくなるのですから・・・
これが摩訶不思議なのです〜〜〜

しかし、

私は、もちろん!!

今回ばかりは
泣いては、いられません!!!!

団長一人一人に話しかけてくださり

私の前に来ると一礼して
奉仕団の名前をお伝えします

皇太子殿下と同じく

団の説明をさせていただきました。

「あわの歌とは、どんな歌なのですか?」

と、天皇陛下に聞かれたので

「あわ歌は、古代ヲシテ文献の
ホツマツタエで

いざなき いざなみが
言葉の乱れた時代に
全国各地を歌って回ったと言われる
結びの歌です」

と、説明させていただくと

皇后美智子様が
すかさず

「聞きたいわよね!」
と陛下に
伺うようにおっしゃられたので

「歌ってもよろしいでしょうか?」

と、お伺いすると

とても嬉しそうに
弾みながら美智子さまは、
頷いてくださいました

私たちは、その場で
5月にも
伊勢神宮で御奉納舞した
あわの歌を唄いました

*・゜゚・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・゜゚・*

あかはなま いきひにみうく
ふぬむえけ へねめおこほの
もとろそよ をてれせへつる
すゆんちり しいたらさやわ

*・゜゚・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・゜゚・*

そのとき
ともにいた他の団体も
あわ歌を
知っている方が多かったようで

気づけば
みんなの大合唱になっていました

美智子さまは、一音一音を頷きながら
聞いていて

両陛下は、
とてもとても嬉しそうにされていました。

みんなのすすり泣く声も
ピークを迎えていました。

それぞれの団長とお話を終えてから

最後に、万歳三唱をして

お見送りをします

これまでの中でも
あまりにも感動に溢れた
奇跡のような4日間の
ご奉仕でした

 

あわ歌 とは、

毎日唱えると
五臓六臂が整い
空間や波動が整う言霊という内容が
古代文献にも書かれています

日本語の48音(オト)は、

ホメオパシー
レメディのようなものだと思われます。

それぞれ

母音を司るオトは

固有のバイブレーションを放つのです。

 

古代ヲシテ文字は、

天皇家(アマカミ)だけが
使うことが許されていたとも言われ

その文字自体に
エネルギーがあります

江戸時代には、禁止文字として封印されていたのですが

この時代に
世の中に出てくるのにも意味があるように感じています

私たち祖先から伝わる

言霊(ことだま)・音霊(いろたま)・型霊(かただま)

全てに
エネルギーを放っている

まさに、波動
レメディなのです!!!

皆様は、ご存知でしょうか??

国の象徴と言われる
天皇陛下のお仕事は、

祈りです

神社の神主さんや宮司さんを総括する
祈りの儀式を行う神官のトップ
なのです。

 

祈りの国に生まれた私たちは

戦後

とても大事な
自分のことを
知らされていません

日本という国は、

世界で最も古い国であることは
ギネスブックにも載っているのですが
ほとんどの国民が知りません

アインシュタインは

かつて日本に訪れた時に

世界が闇に包まれたときに

精神性のリーダーとなるのは、
日本であろう
と言い残しています

日本の建国の理念は

「八紘一宇」はっこういちう

「世界が一つの屋根の下でありますように」

という
世界平和
祈って
創られた国とも言われています。

こんなことを言えば
右寄りだ
と言われてしまうこともあったので
私も発信を避けた時期もありましたが

もう、時代は、
右も左もない

今ここ
統合の時ですから

自分の恐れをただ
手放していくだけですから💕

もう、国という枠すらも超えて
ただただ祈りたい

こんなことばかり発信することになった
私は、

そもそも
日本に全く興味がなく生きていきました

フランス料理に明け暮れた頃は、ヨーロッパを訪れ
癒しの南の島に憧れハワイやバリや沖縄へ
その後は、精神世界に目覚めて
ネイティブアメリカンの聖地シャスタへ

などなど

とにかく
日本だけは

興味が湧かない!!!

な〜〜の〜〜に〜〜〜

宮古島での10年の島生活で

おば〜を中心とする
祈りや祭りという
神事の多くに触れるようになり

がつく島

宮古
島で
身近に感じて来た10年から

日本の神事に自然と繋がって行きます

その大きなキッカケが


2013年の大遷宮の年

陰陽を結ぶ

伊勢遷宮儀式と
出雲遷宮儀式に
参加することから

勝手に・・・・
全国各地へ
日本の神事に携わるようになりました

なんでこうなっちゃうのかは・・・・

魂の歴史に
意味があるようで

ホメオパシーレメディを
日常で取り入れることで

自然と

自分の本当のことが
露わになって
行きました

特に、私の
子宮の病は、

自分の子宮というお宮
肉体という社(ヤシロ)と
意識について

たくさん
教えてくれました。

 

平成最後の日

これまで
全身全霊で
天皇陛下は、祈りの儀式をされて来ました

時に、極寒の中
寝ずに祈るという儀式が
執り行われきました

宮古島のおば〜もそうでしたが

それは、

常に
国民のため
世界平和のために

祈られているのです

そして

これが
日本という祈りの国の
根幹になっています

ですから

見えないエネルギーで
私たちは
守られてきました

神の国

日本

と言われる
この日本では、

国民は、大御宝
呼ばれます

今日は、

天皇両陛下に
心からの感謝を込めて
綴りました

これからは
私たちが
ともに祈る時だと感じています

全てのものに神が宿る
この国の精神性を想い出す時ですね

これから世界が
注目していく精神性

ぜひ!!

機会があれば
勤労奉仕に参加して

このエネルギーをご自身で
感じて
確かめてみてください!!!!

国民でしたら誰でも参加できます

これからは

誰もが古来から大事にして来た
祈りや、祭りに目覚めていく時代ですから

自分に目覚めていくために💕

新しい未来は、
古来に
ヒントがあると言われています

縄文の古代文字や
神話にぜひ触れてみてください

レメディのように

自分を
思い出していくはずですから
たくさんのイベントを開催しています

イザナギイザナミプロジェクト
73(なみ)でした

●イベント一覧
●73ブログ

また、令和で
愛ましょう〜!!!!

令和っしょい!!!!

どんな世界で生きるか

いろんな人がいて、いろんな風に世界をとらえて生きています。
私が最近ずっーと考え続けていることは、自分も含めて“その人がどんな世界で生きているか”ということです。
思い癖、思い込み、ともいえるかもしれません。
まさしくインチャというフィルターを通して作り出すその人だけのワンダーランド!
 
後悔の世界で生きている人、
競争の世界で生きている人、
悲嘆の世界に生きている人、
諦観の世界で生きている人、
自己憐憫の世界に生きている人、
自己否定の世界に生きている人、
攻撃の世界に生きている人もいると思います。
 
はたまた、、
受容の世界に生きている人、
感謝の世界で生きている人、
利他の世界に生きている人
など暖色系の世界に生きている人もいます。
同じような体験をしても、
同じ話を聞いていても、
住んでいる世界が違うととらえ方が全く違っていて、
どう受け止めるかによって、
こんなにも受け取るものが違うんだと驚くことがあります。
 
よく私の恩師が言っていた “人は聞きたいように聞く” というのが分かる気がする今日この頃。
日々唱える般若心経がじわじわと自分の中にしみ込んできて、、
繰り返し語られる“空(くう)”ということを頭ではなく心で分かり(始めた、と言いたいですが、、)たいと思っているからなのかもしれません。
受想行識全てが実体のないもの=“空(くう)”であるということ。
実体がないがゆえに、
“あるように見えているもの”=事象や目の前にで起こる出来事は、その人の心が如実に反映されているということ。
そして、どうやらその世界は何も意識しないままでいると
[←ココがたぶん重要!]
色濃くなっていく傾向が強いようだ、と感じています。
 
翻って自分自身のことを考えると、私はたぶん自己卑下の世界に生きていたので、“わが魂を痛ましむる“私自身であったと思います。
そんな気付きを得て以来、周囲を見渡してみると、自分を自分で押さえつけて、型にはめて、小さく生きている人がなんと多いことか!!
自分で作った見えない檻に囚われることなく、軽やかに生きて行きたいと思います。
般若心経現代語訳、ご存知でしょうか。
寅子先生の訳もあるのに怒られるかもしれませんが、
私は結構好きですYah~!()
 
———————————————
超スゲェ楽になれる方法を知りたいか?
誰でも幸せに生きる方法のヒントだ

もっと力を抜いて楽になるんだ。
苦しみも辛さも全てはいい加減な幻さ、安心しろよ。

この世は空しいモンだ、
痛みも悲しみも最初から空っぽなのさ。
この世は変わり行くモンだ。
苦を楽に変える事だって出来る。
汚れることもありゃ背負い込む事だってある
だから抱え込んだモンを捨てちまう事も出来るはずだ。

この世がどれだけいい加減か分ったか?
苦しみとか病とか、そんなモンにこだわるなよ。


見えてるものにこだわるな。
聞こえるものにしがみつくな。
味や香りなんて人それぞれだろ?
何のアテにもなりゃしない。


揺らぐ心にこだわっちゃダメさ。
それが『無』ってやつさ。
生きてりゃ色々あるさ。
辛いモノを見ないようにするのは難しい。
でも、そんなもんその場に置いていけよ。

先の事は誰にも見えねぇ。
無理して照らそうとしなくていいのさ。
見えない事を愉しめばいいだろ。
それが生きてる実感ってヤツなんだよ。
正しく生きるのは確かに難しいかもな。
でも、明るく生きるのは誰にだって出来るんだよ。

菩薩として生きるコツがあるんだ、苦しんで生きる必要なんてねえよ。
愉しんで生きる菩薩になれよ。
全く恐れを知らなくなったらロクな事にならねえけどな
適度な恐怖だって生きていくのに役立つモンさ。

勘違いするなよ。
非情になれって言ってるんじゃねえ。
夢や空想や慈悲の心を忘れるな、
それができりゃ涅槃はどこにだってある。

生き方は何も変わらねえ、ただ受け止め方が変わるのさ。
心の余裕を持てば誰でもブッダになれるんだぜ。

この般若を覚えとけ。短い言葉だ。

意味なんて知らなくていい、細けぇことはいいんだよ。
苦しみが小さくなったらそれで上等だろ。

嘘もデタラメも全て認めちまえば苦しみは無くなる、そういうモンなのさ。
今までの前置きは全部忘れても良いぜ。
でも、これだけは覚えとけ。

気が向いたら呟いてみろ。
心の中で唱えるだけでもいいんだぜ。

いいか、耳かっぽじってよく聞けよ? 

『唱えよ、心は消え、魂は静まり、全ては此処にあり、全てを越えたものなり。』
『悟りはその時叶うだろう。全てはこの真言に成就する。』
心配すんな。大丈夫だ。

 
“全ては此処にある”