初めまして、森本道子です。

神奈川で心理カウンセラー/セラピストをしています、森本道子と申します。

こちらでは『みこと』という名前を使っていきたいと思っています。

ホメオパシーとの出会いは約8年前、2011年の震災の直後でした。2010年にロンドンでカウンセリングを本格的に学んだ後、ホメオパスでもあった先生が、ロンドンから日本に住む私たちにと「放射能」のレメディと「免疫力アップ」のレメディ(超マニアック!)を持参してくれたのでした。

又、マトリックス・リバーシング  という、胎児の頃のトラウマと生まれるときの手荒な扱いを受けた(タオルでゴシゴシ、お尻バ~ンどつかれるなど、1970年代まではそんな時代です)バーストラウマを癒して、自分の好きなイメージの中で生まれ直すという素敵セラピーがあるのですが、

その講習会の時に、「ラックヒューマナム」という良質なお母さんのお乳レメディを一粒ずつみんなで飲んだ体験があります。(今思うと結構贅沢体験でした~)

良い再誕生は体験したものの、その時のレメディの体感はよくわかりませんでした💦わはは。

でもその時ホメオパシーに対してはかなり ピン! ときて、これは絶対良い!学びたい!という気持ちになったのですが、当時はもう少し心理学の勉強を深めたかったので、学校に通うのは泣く泣く諦めたのでした。

後々聞くと、その時は慢性病の治癒率の高い「zen ホメオパシー」の処方スタイルはまだ学校で確立されていなかったようなので、今それらを学べることの恵まれたタイミングに感謝しています。

 

心理カウンセラー/セラピストになる前は、長らく営業販売をしていました。婚礼のレンタルコスチューム会社での衣装選びのスタイリストとして大阪のホテルや結婚式場で働き、その後デパートでヨーロッパ直輸入の高級ブランド寝具メーカーの店長をしていました。

大して飲めないのにお酒が好きで、美白ブームの時代に逆行して日サロに通い、店長になる前は上司と同僚のもめ事の仲介や調停をいつもしていて、『なぐさめクィーン♡』というありがたいあだ名までもらっていました。

当時「心理のセラピストになろう~」と思いデパートもやめるつもりで心理療法の講座に通いつめていたところ、突然上司である店長がクビになり、

「オマエ店長やれ」

と言われ、当時はまさに寝耳に水状態で、その時はイヤイヤ会社に残りましたが、店長に向いている性格だったことに気づいてしまい(笑)、結局数年働き続けることになりました。

がしかし実は上司はパワハラ、隣のショップ店員から壮大な嫌がらせや妨害工作を受けたりして大変な日々だったのですが、接客も商品も大好きで、中年以降の女性の顧客層も大好きだったので、なんとか続けることが出来たのでした。

それにしてもこの嫌がらせする人のマインドって何なのだろう?という疑問から、心理カウンセラーになった後も、臨床家の先生の下で「病態水準」とそのカテゴリーの一つであるパーソナリティ障害を興味深く学ぶことができ、一年間ケースの勉強もしつつ、その後セミナーをひらいて教えるようにもなったのでした。
(タダでは起きたくない?のかもですが)経験ってしてみるもんです。

 

話は戻りますが、その後、「高級なモノ」でなく、「人を幸せにするコト」を提供したいと思うようになって、ボディケアを入り口に、やっと心理の世界に入りました。

又追々私のことについて知って頂けたらありがたいです(^_^)

そして今は、こころとからだ、両方「 ま じ で 」健康になるために出来ることを学びつつ、又提供していきたいと思っています。

日本社会をたくましく生きる、これも大事にしたいです♪

 

ちなみに、みことというニックネームにはピンときて付けたのですが、一年に一回ぐらいクライアントさんの名前やクライアントさんに関わる人の名前でリーディングすることがあります。(なぜそんな頻度かというとたまにしかピ~~~ンとこないからです笑)離婚したけど苗字を変えない方が良い場合にアドバイスしたり、関係性で揉めているクライアントさんのお相手の名前をみたり。

そんなサイキックなこともたまにやっていこうかなと思っています♪

次回はホメオパシーとの2度目の出会いか、私の大好きなプロセスワーク(プロセス指向心理学)に関して書こうかなと思います。

 

エンパスが地球に生きる★たんたかたんLife

CHhomの学校 に入る前に書いていたブログです。良ければ覗いてみてください。

お読みいただきありがとうございました。
★みこと★

はじめましてMolyです

はじめまして。
鎌倉でセラピストとして働いておりますMoly(モリー)です。
私はホメオパシーに出会って6年経ちます。
皆さんいろいろなきっかけで、ホメオパシーという一見魔訶不思議な世界に入っていらっしゃると思うのですが、私の場合は、夫が摂った一粒のレメディでした。
元々子どもの一人が乳児湿疹がひどく、友人の勧めで私の食べ物を変えたことで、ジュクジュクだった肌が1か月でツルツルピカピカの肌に生まれ変わり、食べ物が身体へダイレクトに影響していることを、子どもが身をもって教えてくれました。
それから自然療法に興味を持ち始め、アロマテラピーや中医学、免疫学について、代替医療の専門家の先生(CHhomの前身であるRAHの卒業生)の元で、本格的に代替医療について勉強し始め、ホメオパシーに出会いました。
常にストレスフルでワーカホリックだった夫に、軽い気持ちでStaph(スタッフィサグリア)を一粒あげた(というより盛った?笑)ところ、一晩中下痢と嘔吐が止まらなくなり、たった一粒のレメディーがヒットすると、その人が信じる信じないに関わらず(夫は全く信じていなかったので)、とんでもなく作用することを目の当たりにしました。
そして”目には見えないけど そこに確かにあるもの”を信じるようになり、その魔法のような力にワクワクしながらホメオパシーにのめり込んでいきました。
勉強を進めるうちに、、
本当は自分で治す、
自分で変わる力って、
み~んな持ってる!
それを忘れているだけだ!
ということが確信に変わっていき、人の心身の健康に役立てる”癒す”仕事がしたいと思うようになり、未経験のままリラクゼーションの仕事に勇気を出して進むことにしました。
大学卒業後はインテリアメーカーで、営業や印刷関係の仕事をしていたので、全く畑違いの分野への挑戦は、いろんな意味でハードルが高かったのですが、、
結局大手リラクゼーションサロンで3年強勤務し(現在は独立して個人で開業しています)、これまでにのべ1000人以上の方の身体をケアさせていただきました。
私は特にリフレクソロジー(足裏反射区療法)が一番好きなのですが、
身体は、いろいろなメッセージを発しています。
 もう限界、、
 (元気そうに見えても)
    ほんとは疲れてるんだ、、
 いつも気疲れ、、
 ちゃんと眠れてないよ、、
 神経張ってます、、
 女性器系の問題が、、
などなど。。
リフレクソロジー(ツボ・経絡も)は、解剖しても見えない何かで足裏や手のひらと全身は繋がっており、
足裏を刺激することで、そこに対応する内臓や部位を活性化すると言われています。
そして多くのお客様の身体をケアするうちに、足裏↔︎内臓という身体同士だけでなく、
身体↔︎心も関係しているのでは、、?ということが何となく分かってきて、、
さらに〈小宇宙である人間〉について知りたくなり、インナーチャイルドセラピストのコースも受講しました。
まだまだ発展途上の私ですが、ホメオパシーとリフレクソロジーなど
自然治癒力を優しく発動させる方法で、家族や友達だけでなく、より多くの方の心身の健康に貢献し、多くの方が自分の力を取り戻すお手伝いができれば、こんなに幸せなことはありません。
最後に私の大好きな金子みすゞさんの詩を、、
星とたんぽぽ
 青いお空のそこふかく、
 海の小石のそのように、
 夜がくるまでしずんでる、
 昼のお星はめにみえぬ。
   見えぬけれどもあるんだよ、
 見えぬものでもあるんだよ。
 ちってすがれたたんぽぽの、
 かわらのすきに、だァまって、
 春がくるまでかくれてる、
 つよいその根はめにみえぬ。
 見えぬけれどもあるんだよ、
 見えぬものでもあるんだよ。
最後までお読みいただきありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。
⁂Moly⁂

【智(さとる)】ご挨拶

はじめまして。智(さとる)と申します。

ブログやろうやろう、本にしようよ!

とみんなを巻き込んだ張本人です。

※イメージ画像

僕はとにかく小さい頃から絵を描くことと本が好きで、

幼い頃から

自分で本を出したいなあ

と思っていて今に至っており、

今回、

「一人だと挫折しそうなことも、みんなで一緒にやればうまくいくぞ、しめしめ、ひひひ」

と思ってほくそ笑んでおります。

ここでは、霊障やらカルマ特殊感覚についてという、

ホメオパシーの病理からいちいち外れたことをやる気がしております。

あと、買ったままケースにしまいっぱなしのipadで絵の練習を兼ねようという目論見もあります。

さて、僭越ながら自己紹介を。

思えば、「死んだらどうなるのだろう?」ばかり考えていた子供だったなと思います。

僕は生まれつき非常に感覚が過敏でして、ざっくり以下の特殊感覚があります。

・普通の人に聞こえない音まで聞こえちゃう(霊聴とかクレアオーディエンスとかいうやつ)

・大きな病気とか、死ぬ前の人とかわかっちゃう(独特の臭いと、身体の回りのモクモクした黒いもやみたいのが出てる。あと、急死する前の人の声は変なところから小さく聞こえる(多分、魂が体から出ちゃってるからじゃないかと思う))

みたいなのがあります。

視覚として視ることはまれなんですが、

その場合は、明らかに「ザ☆幽霊」みたいな感じじゃなくて、

普通の人みたいな格好の人(でもなんか明るく光ってみえる)が多くて、

はっきりいって普通の人も、

実際見えていて区別がつかないことのほうが

ずっと多いんじゃないのかと思います。

ほら、落ち武者とかで頭に矢が刺さってるとかだったらわかりやすいけど、

普通のサラリーマンとかだったら生きてるのか死んでるのかわからないじゃないですか。

そんな感じです。

没個性。いいのか悪いのか。

他にも霊障からの近所トラブルやカルマの問題があったり、

怪しさ100点満点なのですが、

その辺の話もいずれネタとして書きたいと思います。

まあ、そんな感じで、

人とは見てるものが少しずれているみたいな者のようです。

臨死体験をしたことがあったので、

この世の理から片足くらい少し外れているのかなあと思います。

さて、そんなふうに感覚が過敏だったのですが、

理解してくれる人もおらず、

そういった感覚を自分はみんな同じように感じてる

ずっと思っていたので、

「コレに耐えられない自分が駄目なのだ」

と思って、見えるもの・感じるものにフタをして

生きていくうちに、何もやりたくない大人になっていました。

唯一、何か創作することが好きで、特に

本を作る、自分の書いたものが活字になるのがとても嬉しく、

大学では表現・芸術系の専修で小説を書いたり、

学校の新聞に投稿して小銭を稼いだり、

劇団を旗揚げして脚本や俳優をやったりもしました。

クラブイベントのスタッフや出版サークルの編集もやってました。

大学時代は就活する気力もなく、

卒業後はしばらく実家に帰っていて、

その後、舞台照明のメーカーで事務職をやったんですが、

その後、本を作る仕事がやっぱりしたいなと思い、

色々編プロ含め受けていたとき、

獣医学系の出版社に拾われ、そこで編集の経験を積みました。

とはいっても、編集部3~4人(しょっちゅう辞める)の零細企業でしたので、

教科書づくりから、情報誌の企画・取材・撮影・執筆、

インタビュー記事作成、情報誌の立ち上げ、

著者がグーグル翻訳かけてきた原稿のリライトなど、

ありとあらゆる経験を積みました。

その後、不思議にまた似た系統の出版社に入り、人を治すための本を作る仕事に従事しています。

あ、あと、合間に、

自分の心を癒すために心理学を学んでいたんですが、

そこで出会ったヒーラーさんと遊んでいるうちに

自分の特殊感覚を肯定できるようになり、

タロットヒーリングを学び、

時々メールセッションをやったりしていました

(最近はほとんどやってないですが)。

ホメオパシーについては、

2社目で大学の先生からたまたま雑談で聞いたことで知ったのが初めてで、

その後、別れた恋人がストーカー化したときに、

他人からいいように利用され、

粗末に扱われる問題ばかり繰り返していると思い、

2015年にインナーチャイルドセラピストコース

受けたことがきっかけでホメオパシーを知り、

相談会を受けるようになり、4年制コースに入って今に至ります。

そんな感じで、みなさまよろしくお願いいたします。

多分次回はライ麦畑の話を書きます。では!

<こっそりヒーリングの仕事やってます>

https://ameblo.jp/wiseman69/

 

☆鈴木一未☆ 初めまして!

初めまして!

去年の4月から、ホメオパスを目指して勉強を始めました、鈴木一未です。

このブログで

子供に使ったホメオパシーの実例や、対処法、インナーチャイルドについて、自分の人生から学んだ事…など綴りたいと思っています。

まずは、お礼を一言。

運命的に出会えた仲間達と、日々刺激し合いながら学べる日々が、本当に幸せで有難いです。ありがとう!皆に心から感謝しています!!

 

さて、

ここに辿り着く前は、veganレストランのオーナーの秘書を約1年していました。

実際は秘書といっても、人手が足りなければお店に立ち、商品を開発し、メニューやチラシのデザインをしたり…。何でもやっていました。

この頃、皇居に勤労奉仕をしに行ったり、様々なヒーラーさんに出会ったり、スピリチュアルな事も沢山、学ばせてもらいました。

その前はファッション業界に約12年。

某セレクトショップから始まり、服に携わり続けたい一心で、販売も管理職もバイヤーもやりました。

しかし3.11があったり、歳を重ねるうちに、生き方に疑問を持つようになり、紆余曲折しながら、娘を授かる事が出来た事をきっかけに、一度全てを手放してみました。

初めての子育てに日々追われる中、娘に予防接種を受けさせる事に疑問が湧き、勉強を始めた事で、ホメオパシーに再会する事ができました。ですが当時の私は、その後の人生がこうなるとは、思ってもいませんでした。

単なる興味の対象でしかなかったホメオパシー、なのに。

知れば知るほど奥が深くて、いつの間にかハマっていました。

 

つづく

 

 

初めまして。ジェルセミュームです

皆さま、初めまして。ジェルセミュームです。

ジェルセミューム名はホメオパシーと出逢ってある凄い方から
「貴方にはジェルセミュームですね🌸」
と言われたことに起因します。
もう慢性的に心身ともに重荷を背負っていたようですが、その事実にも気付かず生活していたようです。
やっと「お、おも~い・・・💦」と気付けるようになり、ジェルセミュームが私を軽やかに変えてくれそうです!

さて、大好きなホメオパシーの仲間たちと共にブログを始められることに感謝します。

私は現在主人と共に主人の両親から引継いだ会社を経営しています。 昨年までは不動産管理とスポーツクラブ経営をしていました。
スポーツクラブは10年である程度目標まで到達し、大手スポーツクラブ社に売却しました。
売却に伴い時間が出来たこと、以前からライフワークを何か見つけたい・・・と思って探していたところホメオパシーを知り、そのタイミングが重なり勉強を始めることになり・・・本当に人生って不思議だと思います。

今の会社に入るまでは外資系企業数社で人事の仕事をしてきました。
その前には、アメリカで7年ほど仕事をしていました。 その中の数年は、毎日アメリカとメキシコの国境を越え、メキシコのティファナ(Tijuana)の日系企業に通勤していました。 トランプ大統領が騒ぐメキシコとの国境、不法侵入メキシカンとアメリカ国境警備隊の追いかけっこは日常的風景でした(笑)

こうして海外と日本と生活し、仕事をしてみて日々思うことも悩みも本当に多かったです。 日本人ということ、働くこと、評価されること、幸福とは、人生とは、会社とは、家族とは、友人とは、病気とは・・・などなど。 いつも自分のやっていることが「本当に正しいのか?」と自問自答の日々だったようにも思います。(あ、だから重くなっちゃったのね・・・)

ホメオパシーはそんな今までの自分のもやもやや疑問を解決してくれそうな気がしています。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

[Andoyo] 初めのご挨拶と自己紹介

新年明けましておめでとうございます。

本ブログは、複数のメンバーにより、
まずは毎月一人1つくらいのペースで更新していく予定です。

個性的で素敵な方々が揃っているので、
楽しんで読んでいただけたらと思います。

私自身も読むのが楽しみです。

初投稿ということで、
まずは簡単な自己紹介をさせていただきます。

私はAndoyoといいます。

現在、家族で経営している健康サロンの
セラピストとして活動しています。

理論を学ぶのも楽しいのですが、
どちらかというと、感覚派なのかな思います。

どんな適性テストや心理テストを受けても、
なぜか必ず「感受性が強い」と出てきます。

いまは天職だなーと思うのですが、
ずっとこの職種だったわけではなく、
元々は、税理士法人に勤めていました。

その後、
ホームページの制作会社、

それから
システム関連会社に勤め、

起業し、
現在に至ります。

税理士法人にしても、
ホームページ制作会社にしても、
個人事業の方から、上場企業まで
様々な規模と職種の方を見てきたので、
なかなか面白かったです。

IT関係の仕事もやりがいがあって
楽しかったのですが、
いまのセラピストとしての活動は
さらに群を抜いて楽しいと感じています。

本ブログでは、
ホメオパシーのことと、
私の大好きなパワーストーンのことを
中心に書いていこうかな、
と考えています。