クリスタルボウルという水晶の楽器 〜73〜

8月30日は、とても珍しい
2回目の新月
ブラックムーンでした

「闇」という漢字をを見たとき

音で開かれるのが
わかります

音は、新たな次元へ導く・・・・

音とは、

レメディと同じく

バイブレーション
固有の周波数、波動を持ちます。

聞こえる音と
聞こえない音がありますが

最近、妙〜〜〜〜に

聞こえる音に繊細になってきました

わたしは、ご縁深い
アメリカの聖地シャスタで

2012年秋分に

アルケミークリスタルボウルを
4つの運んできました。

気づけば・・・
今から
7年前になるんですね〜〜〜

クリスタルボウルとは、水晶の楽器です

その作り方は、一切公表されていませんが
アメリカのソルトレイクにある
クリスタルトーン社が

インスピレーションとともに
製作しています

古代エジプトの壁画にも
クリスタルボウルのようなものが描かれているらしく

おそらく古代には
同じようなものがあったと言われています

 

そんなことも

大して知らずに

2012年の秋分のシャスタから

運んできたクリスタルボウルと
ともに

 

新月・満月は、
クリスタルボウル瞑想会を
開催して行きました。

よくみんなに
ビックリされるのですが

 

私は、もともと・・・・
クリスタルボウルに特別な思い入れがなく

10年ほど前から本格的に学んでいた
ヒプノセラピーの際に

わたしの先生が

いつも演奏しながら
教えてくれていたので

心理療法には、音
必須だ!!


思っていたのですね

なので
とても自然な流れだったのです。

 

 

どちらからというと
あるのが当たり前でした。

それから
全国各地にお呼びがかかるようになりました

それは
とても不思議な現象でした。

出雲の遷宮儀式をはじめとして

全国各地での聖地や神社仏閣での
ご奉納演奏や

お話会やイベントライブでの演奏や
誘導瞑想を開催をしてきました

クリスタルボウル奏者としての
プロフィールは
詳しくは

こちら

 

ところが

2年前に

ローズクオーツの
ボウルが割れて

特に
ショックもなく

活発に飛び回っていた活動は
パッタリと
落ち着いて行きました

 

 

お誘いがあっても

自宅サロンでの瞑想会のみで

それ以外は、
行く気が
しなくなってしまったのです。

 

そんな私に
とても最近
転機が訪れました!!!

 

 

夏至のロンドンから帰ると
どうも・・・

音に敏感になっていて

石に詳しい〜
同期の
ANDOUくんが

波動の合う
クリスタルボウルを持つと良いのでは
と、提案してくれたんですね

 

 

その3日後に!?

私のセッションを受けてくれた方に誘われて
クリスタルボウルのお店に行くことになりました。

 

 

 

とてもタイミングがよく
アメリカ帰りのオーナーが

クリスタルボウルを
入荷したばかりで

大量の数のクリスタルボウルが!!!!!!

 

びっくりして
ANDOUくんに
写メを送ると

すぐに返信が返ってきて

私の波動に合うクリススタルボウルに
丸がつけられいました。

実は、

そのメッセージを受け取ったときに

手にしていたクリスタルボウルだったのです!!!!

なぜなら

最初に

気になったものだったのです。

クリスタルボウルは、
周波数を持つ生き物のようで

絶妙な出会いがあります!

クリスタルポウルを持つものは

自然と旅をするように
あちらこちらと飛び回ることになります。

実は、

このボウルを
購入してからというもの

不思議なくらい

私は、毎日毎日

クリスタルボウルを鳴らし始めました。

いや〜〜実は、

こんなことは、

この10年で一度もなかったことです!!

 

 

実は、
このクリスタルボウルは

レムリアンシードが入っています

 

 

古代レムリアの叡智が記憶している
意図的に作られたと言われていますから

こちら

 

 

私が長く暮らしていた宮古島や
ご縁が深いシャスタも
また

レムリアに多く関わっていると言われていました。

私が大好きな縄文という平和な時代も
それ以前の古代レムリアが導いたとも
言われています。

そして

このタイミングで

 

クリスタルトーン社の
ルピトとポールが来日していました

彼らは、

日本という国をとても神聖に感じてくれていました。

そして

世界最古の管弦楽器と言われる

ディジュリドゥ
の奏者で友人のたけしくんと

ヒーリングライブは
最高な空間を作り出し

ネイティブドラムとのゆうこちゃんとの
コラボ演奏
ヒーリングメディテーションも

また素晴らしく

母なる地球とのつながりを感じさせる
ネイティブの民族楽器と

父なる宇宙を感じさせる
クリスタルボウルは

とても相性が良く

新たな世界へ導いてくれました

あらゆる楽器とのコラボが
とにかく楽しい!!!

レメディのような
この波動遊びは、たまらないのです💕

ぜひ一度
この音の波動
音のマッサージを感じてみてください

いざなみプロジェクト
イベントページは

こちら

 

「夏至」のイギリスから「秋分」の沖縄へ つづく〜〜

出産レポ:助産師さんも感動するホメオパシー的出産・産後ケア

NEWNATUSTYLEのAkiです。

今回もプライベートな事柄を入れつつ、ブログを書いていきます。

え—!
信じられなーーい!
と思ったら、その場でスルーして下さい^ ^

 

個人的なご報告です^ ^
8月半ば
出産予定日を4日過ぎ、無事に第二子を助産院にて出産いたしました!

 

2人目 予定日前に産まれると想像していた私達家族…….その間 ライオンゲートがあったり、満月があったり、イベント盛りだくさんの中….

前駆陣痛はあるものの

 

全く持って陣痛は、来ないという(汗)

 

どんどん大きくなるお腹…
「でべそ」どころか、これは、「臍ヘルニア」だなと思うグニュっとした異物が臍横に(汗)

 

長男は、40週と1日での出産 3,620gというビックベイビー(まさにカルカーブ体質・体型)

 

次男は37週の妊婦健診で、推定3,200gだったので、予定日を過ぎ頭に過るのはもしや….4,000g級のビックベイビー??
子宮口破裂??(汗)

 

助産院と提携してる病院で、検査の時エコー見て頂てましたが、助産院では、エコー要らないかなって、あまり受けませんでした。ちなみに、エコー前後にはレメディ『コキュラス』を取って対策❤︎

 

妊娠37週から レメディ『コーロファイラム』を週1回で、取っていたので「赤ちゃんは赤ちゃんのペースで、一番ちょうど良いサイズ・タイミングで、産まれて来る!」のだろうな〜と❤︎思いつつも

 

 

破裂しそうなくらいのお腹の大きさに、そろそろ出て来て欲しいという思いも。。。。。矛盾….苦笑

 

主人にも長男にもお願いし、言葉のレメディ頂き
「明日産まれておいで、待ってるよ♪」と話してもらいました。

 

長男は、お風呂の中で、「これ明日産まれて来るレメディだよ」ってコップにお水入れて渡してくれました♪

 

そして、言葉のレメディ効果!?

 

明け方 突き抜ける激痛!
『陣痛』を子宮から『産道』にかけて、まるでカミナリが突き抜ける感じを体感!

 

その瞬間
うわぁ……!今の違う次元を感じた….!!

 

 

頭の中を駆け抜けたイメージはまるで、「あの世」から「この世」へと『神通』が産道に掛けて開通した感覚でした!(驚)

 

 

朝から陣痛用に用意したレメディを粒とスイポで取り!気合い充分!!(笑)

 

 

早くも6〜8分間隔の陣痛ですが、まだまだな感じということで、朝食・洗濯済ませて!

 

 

いざ!助産院へ

 

 

途中…..陣痛が遠のき….(汗)
カルカーブとジェルセニュームを取り陣痛カムバック!しかし、間隔は空いてるような。。。。

 

 

長男の時は、まだホメオパシー出会ってなく、自然治癒力を高めるお手当も全く取り入れてませんでした。

 

 

その結果…私の初めてのお産・産後も激痛でした。

 

 

出産は、死ぬほど痛いとか、ネガティブな発言しか知らず、不安と恐怖ばかり。。。。市民病院で夜間は、配偶者しか立ち会えないという制限もあり、当時、海外出張の多い主人がいなければ、一人でお産をするかもというプレッシャー・・。

 

 

出産の痛みを膨張させるのって、このような不安や恐怖心なんですって、まさにという感じに長男の時は、果てしなく痛く・・・・。

 

 

時間にして、7時間も!!止めどなく、骨盤が砕けるような痛みにもがいて、半発狂してました。。。。

 

 

今回は、体のマヤズムケアに加えて、時々起こる不安や恐怖心に対して、安心するところまで、向き合っていきました。

 

 

そして、今回!迎えた出産は…..!

 

 

ラストスパートの10分を除いては、乗り越えられる痛みでした!助産師さんからも、静かなお産だねと。(笑)

 

陣痛と陣痛の間には、助産師さんに、お産についてや子宮口、赤ちゃんについて、どんどん沸き起こる質問を山ほどして、助産師学校の研修生3人と一緒に、わかりやすい説明を聞いて、とてもとても充実した時間を過ごしました!

 

 

(3名の助産師科の学生さんがお産の見学にいらしてまして、3人でさすってくれたり、手厚いご対応に心から感謝です!)

 

 

助産師さんの経験上!

 

 

満月の日って、あまり出産する人いないそうです!なるほど〜!

 

 

月よりも潮の影響の方が多いとのこと。

 

 

例えば、干潮では、お産はあまりなく、満潮に向かって、陣痛も増して来るそうです!ちなみに、海ガメは、干潮に出産して、海に帰って行くそうですよ。

頷けることが、実際起こりました!

 

その日の満潮が5:55、干潮は12:37 、次の満潮 が18:56でした。

 

時間経過を見ると、陣痛の痛み加減は、増してますが、干潮に向かい、間隔が開き始め、陣痛が遠のき。

 

 

干潮すぎて、今までの反動か?と思うほど、一気に押し寄せてきて、バババババーーーン!と生まれてきました!

 

出てきた男の子はなんと〜!!

 

身長52cmの3,300gでしたぁ〜!

 

想像より小さい!(コーロファイラムやはりちょうど良いタイミングで、ちょうどいいサイズで生まれてきてくれたんですね!)

 

赤ちゃんが生まれてくるところを、長男にライブで見てもらいました。いつも見てる図鑑の「シマウマみたいに、(赤ちゃん)出てきたぁ〜」と怖がる様子なく話してくれました(笑)

 

私も見たくて(笑)

 

 

動画で産まれてくるシーンと胎盤が出てくるシーンを撮ってもらいましました!四つん這い出産したのですが、頭から顔までが、正念場ですね!後はツルリンと出てくるですね〜!

 

 

産後も、ホメオパシーケアで、子宮収縮も、助産師さんが、本当に驚くほど、早く。子宮口も膣の状態の経過も褒めてくれました。

 

 

何より嬉しいのが、『ホメオパシーってすごい!』って、興味を持ってくれたことです❤︎

 

 

妊娠・出産・産後の女性の体っては、変化が目まぐるしく、症状もでるので、ホメオパシーの作用をバンバン感じることができました!

 

ホメオパシーがもっと広がり、妊娠・出産・産後ケアをみんなができるようになったら、女性の幸せ度上がるなって、身をもって実感しました。

 

インスタにて、その時々にとったらレメディや持ち込んだものなど、アップしているのでよかったら、ご覧ください♪ まだ、アップしてない物もあるので、アップしていきます ※『❤︎』のいいねを押してもらえると励みになります♪

インスタアカウントnewnatustyle.aki

 

そうそう、母乳について強く感じたことを追加でシェアします。

 

助産院では、生まれたばかりの赤ちゃんに吸引機を使って体内に残ってる羊水を取らないので、生まれた日は、お腹が空いてなくて、殆ど母乳を欲しがりません。

 

そのため?初日の夜間も殆ど起こされることなく休めました!

 

初乳の量も実際少なくても、心配する必要はないのです。おしっこも1日1回出ていれば問題なしです。

 

二日目の夜くらいから徐々に、赤ちゃんはお腹が空き始め、母乳量も増えてきます。そして、まだ体力ないので、吸い続ける力もないので、一回の量は少なくても、充分なのです。

 

そのため、母乳を欲する回数は多くなるけど、その刺激が母乳生産への刺激になり、徐々に母乳は増えていきます。本当に、体のメカニズムってうまくできてますよね!

 

感動しちゃいました!

 

このメカニズムを知り、産後すぐは、自然の摂理の中で母体を労ってくれているのだなって思いました!本当に、うまくリズムがあってますよね!

 

 

長男ときは、母乳育児が軌道に乗るまで3ヶ月・・・毎週のように母乳相談室に通っていましたが、初期での欲しがる我が子に出ない母乳という精神的なストレスも多かったのかなって今振り返ると思いました。

 

 

病院では、吸引する傾向があるから、すぐお腹すいちゃうけど、母乳にもペースがあるので、ここを知っておくと多くの初期に起きやすい母乳に関するママたちの心理的負担は少ないかと強く思いました。 ^^

 

生後4時間の次男

 

 

毎月25日に 『ホメオパシー道 くくり組』にてNEWNATUSTYLE Aki のブログ配信予定です。いろんな角度で、『健康と愛情を伝えていきたい!』そんな気持ちを大切にしています。今後ともよろしくお願い致します!

 

NEWNATUSTYLE Aki でした。最後まで読んでくださって、ありがとうございました^^

NEWNATUSYTLEの理念はこちら→

About meこちら→

NEWNATUSYLE Homoeopathy & HoneyShop

https://www.newnatustyle.com/

 

 

凪のお暇 慎二にみる『モラハラ男子のウラオモテ病理のその先』

こんにちは、みことです。

ドラマ『凪のお暇』が今、激アツですね。

私にとっては第三回が神回でした。

 

髙橋一生演じる主人公の元カレの慎二は仕事では営業のエース、愛想も良く、女性にも大人気という表の顔を持つが、

裏面は、黒木華演じる主人公・凪には言いたい放題で、モラハラ的、社内恋愛も秘密にしていたが

空気読みすぎ生活に疲れ果てた凪に全てリセットされ、一方的に別れられてしまうという第一回から、色々展開していきます。

 

このドラマでは、もう一人のイケメンかつ、今大人気の中村倫也くん(こっちは君付けかい、)演じるゴンもかなり魅力的で面白いキャラなのですが、今回は慎二のみにスポットを当てようと思います。

 

ドラマではとにかく高橋一生の演技が凄すぎて、面白いのですが、

又凪の前では超絶偉そうで、傲慢なのに、

ムキになった凪に

もう来ないでとか、

バカにしないでとか、

言われてビンタされたりした後、

帰り道では必ず号泣して帰っているという、凪の周囲の登場人物&視聴者に見せる姿が超絶切なく、

幼気で無防備。凪の前では笑っちまうほど素直になれてない対比が描かれていて魅力的なのです。

 

第三回のクライマックスは、きちんと話をしようと決意した凪が慎二を会社の出入り口で待ち伏せし、慎二は照れながらも周囲の人の前で凪の手を取り(え~二人付き合ってたの?!状態)その場を去っていく。

静かなレストランに入り、慎二は嬉しい気持ちを落ち着かせつつ、以前の暴言を謝ろうとするも!

凪に

『私もそうだから、いいの。私も慎二の表面しか見てなかった。』

『慎二のこと、好きじゃなかった、別れてください』

と言われて猛烈に傷つきまくる慎二。

 

しかしすぐさまモラハラ男子の仮面を又付け直し、

『何様なんだよ』『ていうか俺たち付き合ってたっけ?』

と言葉のナイフを繰り出すも

冷めてしまった凪にはそのナイフも大して刺さらず、

一人取り残されたテーブルに静かに頭をぶつけて(→多分もう泣いてる)

という場面でした。

 

傷つけられたら同じように傷つけてやる、という行為がいかに虚しく、そして心の晴れるものでも決してないことは、慎二をみて視聴者も同時に感じたのではないでしょうか。

 

さてここで、

モラハラ男子(又は女子)の心を覗いてみるならば、

そこには

「パートナーを理想化・私物化・おもちゃ化したい」という幼稚な(お子様的な)マインド

が垣間見えます。

例えば聖母マリアみたいでいてほしい、とか、

自分以外の男性と関わらないでほしいとか、

変わらないでいてほしい、など

そこには結構無理難題な希望(要求)があります。そして(要求が元々無理難題なので)それが叶えられないため、あの手この手でパートナーの自由を奪っていくというコントロール行動にでます。

 

これが子供のやることなら、分かりやすくて、巧妙さも大して感じられず、可愛らしくみえるかもしれません。

しかしそれを大の大人がやるので、『モラハラ、こわ~』状態になるのだと思います。

そして、さらには大人の知恵というものが働くため、

相手の自由を奪うためなら、手段を選ばないという、徹底ぶりを発揮します。

慎二も、意識的か無意識か、凪に『お前は変われないんだよ』と第2回と第5回の二度に渡って呪文のように言っています。

 

さて、ここで素直な本当の言葉(想像ですが)に言い換えてみましょう。

『お願い、僕を捨てないで。ずっと前から好きだったんだ。

お前といたら僕はほっと出来るんだ。

自分を取り繕ったり良く見せようとかしないでいられて楽なんだ。

お前といたらオレは余裕でいられるんだ。』

 

うん。これは冷めた女性にはよりダメに響くでしょうね(;´∀`)

 

もう少し心の深い部分の弱さに向き合えるとモラハラもやめれるでしょうが、そんな弱さはモラハラ男子は一番見たくない恥部とも捉えていると思うのでなかなか難しいだろうなぁと思います。

(しかしこのドラマのトリッキーな所は、慎二は行きつけである、スナックバブルのママ(武田真治)たちには自分の弱みをさらけ出しているところなのです。そういうところからして慎二はいわゆる生粋のモラハラ男とはちょっと違うのだろうなぁと思います。こじらせ男子には変わりないと思いますが・・・

 

更にドラマでは、複数の女性と関係を持つゴンと関わってメンタルボロボロになっていく凪を心配するという

『母親のような』ケアラーモードの慎二が

”一瞬間✨”

だけ存在したのもつかの間、

 

第5回が終わり、どうやら慎二は凪をあきらめて、凪そっくりなセミロングの可愛い女性と付き合うようです。凪そっくりというあたりががっつりポイントです。

 

しかし!ドラマ的にはどうだか分かりませんが、

慎二の心の闇をなかったことにはしないでほしいのが私の望みです。

ということで、この女性にもモラハラ的いたぶりをやっちゃってダークな慎二はちゃんとこじらせ続けてほしいものです。

とにもかくにも、慎二はぶっちぎりにアンビバレントでドロリとした感情やせつなさやピュアさを抱えているので、まさにドラマチックを体現してくれて見ごたえがあります。若くて意地っ張りな男性役を話し方から歩き方からこなす高橋一生、ブラボーです。

ここで慎二にレメディを処方するならば、傲慢、意地の悪い言動、知的活動過多、失恋・傷ついたら号泣、なところでCupr. (キュープロム・銅)12X、Ign.(イグネシア・イグネシア豆)200c、すぐ彼女作っちゃうところはPuls.(ポースティーラ)LMで出したいところです♪ 幸せになれるといいね、慎二~(^^)!

 

漫画の原作の面白さは半端ないですね。

毎回裏切らず楽しめます♪

ということで、久しぶりのドラマ考でした(^_^)/✧♡

 

★お知らせ

最近youtubeのチャンネルを開設いたしました。そこでは共感力の高いエンパス・HSP(Highly Sensitive Person)さんやクリエイティブなことが好きな人のためのワークやドリームセラピーを紹介したり、メンタル&ヘルスケアについて語ったりしていく予定です。つたないながらぼちぼちとUPしています。

これだけ慎二のことを語りましたが、チャンネルでは中村倫也くんとゴンさんについてワークしています♡

宜しければ是非チャンネル登録もお願いいたします♪

みっちーのDREAMDOOR CHANNEL

エンパス・HSP|心理カウンセリングとヘルスケア -A Path in theWoods-

9月のデスカフェカレンデュラ・オンラインサークルは2日(月)20時に変更しました!

魔除けの石 黒水晶 [Andoyo]

今回は、黒水晶について。

モリオンという名前で販売されていることが多いです。

水晶の中でも
魔除けとか、
有害電磁波の吸収などに
とても良いパワーストーンです。

 

良くないものを感じたり、
受けてしまう人には
おすすめです。

 

黒というのは一番吸い込む力が強い色です。

例えば、夏に
白い服を着ていると、熱をはじきますが、
黒い服を着ていると、熱を吸収しますね。

 

吸収するのは水晶も同じで、
黒水晶は、よくないエネルギーを吸い込む力が
一番強いように感じます。

そのため、
購入したときには
既に色々と吸っているということもあるので、そこは注意です。

 

まずは黒水晶の浄化が必要です。

浄化のスタンダードな方法としては
品質の良い、
透明の水晶を1日以上
くっつけてあげるのが良いです。

一度浄化すると、しばらく活躍してくれます。

 

3ヶ月〜半年に1回は
浄化をした方がよいのですが、

品質のよいモリオンは、
自浄作用もあり、浄化をあまり必要としません。

 

アメジスト(紫水晶)も
魔除けや空間の浄化が得意ですが、
モリオンは、もっと強いエネルギーが必要なときに重宝します。

 

モリオンが似合う人は、
霊的なことを感じやすかったり、
普段みえている世界が
人と違うなぁという
方が多いです。

そんな方は、特に楽になる傾向があります。

 

ご参考にして頂けたら幸いです。

【智】ノンアルコールビールとやせるおかずの話(近況)

こんばんは。智です。

ライオンズゲートの前、洞爺から帰ってきてから湿疹が出たり、

ヘルペスが再発したりいろいろしていました。

精神面でも、やたら涙が出ることが多かったここ最近。

暑さも少し和らいできて、あなうれし、といったところであります。

さて、

会社で仲の良い先輩が、痩せてるのに血液検査のヘモグロビンA1cが高いという

なんとも逃げ場のない結果が突然出たとのこと。

太っているなら痩せればいいけれども、もともと痩せているとどうしようもない、と。

その先輩はお酒をかなり飲むので、それと遅い食事が悪かったらしい。

平日のビールをノンアルコールビールに変えたと聞き、何を飲んでるのか聞いたら、某メーカーのいろいろ混ぜ物のあるやつで、逆に病気になりそうと思い、

どうせ毎日飲むなら、無添加にしなよ、

と言って探して、探し当てたのがこの2つ。

・龍馬1865

・ヴェリタスブロイ

教えたら、太っ腹な先輩は2つともケースで買い、私もご相伴にあずかることとあいなりました。

感想。

龍馬のほうは、炭酸飲料っぽくて、

先輩「1本はいいけど、2本行くかって言ったらもういらないのよねえ」

とのこと。たしかにビールとは言えないかなあ。という感じでした。

続いて、ヴェリタスブロイ。

これは一度ビールを作ってから、わざわざアルコールを抜いたとのことで、期待する我々。口コミも、酒好きの妊婦さんのために旦那さんが買ったら大喜びされたとか、いろいろ書かれていて期待に胸が膨らみ、いざ試飲。

先輩「これはビールだね!平日はこれにする!」

アルコールの入ってないだけでこれはいやはやビールのお味でした。

調子に乗って会社の朝昼に飲んでいます、わはは。

回し者ではありませんが、酒(主にビール)好きだけど控えたい方はぜひ。

 

それから、春先忙しかったせいで10キロ太ってたので、

やせるおかず、という料理本を、夏の会社の納涼パーティで当たった商品券で買いました。

1週間のおかずを週末の1時間で作り置きして、献立カレンダー通りに食べるという代物です。

料理や自炊はあまりしないので、初めて買う材料多数。。たことかサーモンとか初めて自分で買った。

で、はじめて2週目が終わろうとしているんですが、

1.5週目くらいにはかったら、ー2キロでした!!

すげー!結構おかずの量はあるのに!

こちらもまわしものではないですが、興味があればぜひ調べてみてください。

そんな近況でした。

<こっそりヒーリングの仕事やってます>

https://ameblo.jp/wiseman69/

 

 

人生初の伊勢神宮へ

愛知県の実家に帰省中、お隣の三重県伊勢市にある伊勢神宮へご参拝してきました。

東海人なのに、恥ずかしながら人生(たぶん)初のお伊勢参り。

たまたま観たテレビで、お伊勢参りの詳しい解説などされていたので、その解説通りに参ってみましょう!と家族を誘って行ってみました。

伊勢神宮の参拝の仕方は

二見興玉神社(海で禊ぎ)

外宮(豊受大御神がお祀りしてある)

内宮(天照大御神がお祀りしてある)

金剛證寺(黄金づくしの世界)

がオススメルートだそう。

 

 

まず訪れた二見興玉神社は、

白波打ち付ける大きな岩と小さな岩が大注連縄で結ばれた夫婦岩(めおといわ)がシンボルです。

(↑夫婦岩)

 

昔の人々は参拝の前に、禊ぎに訪れていたというこちらの二見ヶ浦。

砂ではなく砂利なので、すご〜〜く海水の透明感が高く、綺麗なんです!

全然海に入るつもりはなかったのに、自然と靴を脱いで波間で遊んでしまいました。

(↑二見ヶ浦)

そこから車で走ること20分。

外宮は豊受レストランで馴染みが深くなった豊受大御神がお祀りされています。

(↑外宮前にて)

神宮の中にある全ての建物を20年に一度建て替える式年遷宮はおよそ1300年もの間、続いてきたというから驚きです!!(室町時代に120年程、中断したことがあるそうですが)

何故20年に一度と決められているのかは、聖武天皇の命だから、とか技術伝承のためだとか、耐用年数の問題から、とか諸説あるようですが、

これだけの建物、

これだけの数、

これだけの完成度、

これだけの美しさを、

様々な歴史や状況があった中でも続けてこられたということだけでも、いかに日本という国が奇跡的な存在なんだなぁと想わずにはいられません。

 

そしてまた車を走らせること20分。

いよいよ内宮へ。

(↑大鳥居)

(↑宇治橋)

(↑五十鈴川で手を清める)

(↑正宮前にて)

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、天照大御神をお祀りしている正宮では、個人的なお願い事は慎まなければなりません。

世界の平和を祈念し、感謝することがよしとされています。

(個人的なお願い事は、同じ内宮にある荒祭宮でお願いします)

 

至るところに、樹齢何百年級の巨木が立ち、久しぶりに木立の先端が高過ぎて見えないような木に出会いました。

お盆シーズンで多くの人出で賑わっているにも関わらず、杉や檜や楠の巨木の周りだけは、時が止まっているかのような静の空気をまとっています。

ああ、精霊っているんだ。パワースポットって木があるところのことを言うんだなと思いました。

人間とは違う単位で生きている木や石たち。

もしも会話ができたのならば、人間たちの必死なお願いことってどういう風に聞こえているのだろう。

人間よ、がんばれ〜*\(^o^)/* (笑)

って思ってたりするのかな、な〜んて思ったりしました。

 

とにかく美しい!!

とにかく神々しい!!

とにかくひっろーい!!

間違いなくパワースポット!

日本に生まれて良かった!

日本のことが益々好きになった!!

という私のお伊勢参りでした。

 

ところでこの道中で、メッセージを受けたような出来事が、、。

二見ヶ浦で、息子とじゃれ合い、ふざけて上から下にいる息子に松ぼっくりを思い切り投げつけてやろうとした時に、右腕にはめていた数珠がスルリと抜いて、飛んでいってしまいました。

 

4年程一緒に過ごしてきた水晶の数珠ちゃんが、、!

(ちーん、、、)

 

ふざけていても、上から人様に向かってモノをぶつけるものではありませぬよ。

(←四十路になってもお調子に乗りやすい私♡)。

息子をもっと大事にしなはれ。

(←家族の中で若干扱いが雑だった?)

というメッセージだったように思います。

 

水晶さん、ありがとうございました。。

息子よ、以後、気を付けます!!

 

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

(二見ヶ浦にて。二羽の鶴のような雲)

 

 

 

おばあちゃんと娘と。


8月1日の新月から、何だか沢山のギフトを用意してもらい、私にとって怒涛の1週間となりました〜。。。

お試しきたよ、お試し。

 

娘を連れて二人で夫の実家に帰り、数日が過ぎた頃

おばあちゃんの入院先から、危篤との連絡が。

(命が)もって今日、明日かもしれません。反応が無く、肩で息をしているような状況ですので。

と言われたものの・・・

娘はやっと、何ヶ月も待ちに待ったじいじとばあばに再会中。

何だか分からないモヤモヤとした気持ちが胸に広がりました。

 

インチャ癒ししかり、般若心経しかり、

今年に入ってからご縁があった、並木さんの統合ワークを取り入れ始め

心の乱れは統合〜!!!とひたすらブレない自分を意識して

やってきていた!つもり。

だった。

という事にも、しっかり気づかされる程の落胆を味わいました。

でも、

現実はスクリーン。

と思い直し

冷静に兄弟や親戚へ連絡を入れ、何が起きても大丈夫と言う状況を準備しました。

思えば2年前、本当は肺炎で亡くなっていたかもしれない時

ホメオパシーでおばあちゃんが復活した奇跡がありました。

頑張って生き抜いてきたおばあちゃんを思うと、涙が溢れ・・・となるかと思いましたが、

本当の最後の時が来るまで、私も頑張ろう!と自然と思えました。

不思議。すごいな〜と思っていたら

そのまた次の日にお試しが・・・。

 

娘が夕方、ソファの肘置きに座ってテレビを見ていたと思ったら

そのままゴロンと落ち、ギャーーー!と叫び声が。

私は何と無く、とっさに危ない!と叫んでいましたが

なかなか自分で起き上がってこない娘の状態を予測しながら駆け寄ると

見事に顔一面、血で染まり、周りにも流血していました・・・。

幸い夫のお姉さんや姪も居てくれたので、すぐに救急で行ける病院を探し電話をしてくれたり。とても助かりました。

その間、私は娘にサポートAAA. Bell-p. Calen. Arn.などガンガン与え続け。

すると10分くらいで出血はほとんど止まり、眉間にパックリと割れた傷が見えました。

程なくして病院に着くと、娘は痛くない、と言い出し、ぐーぐー寝てしまったのです。

すごいなー。。。今寝かせて一生懸命、傷にVFが向かうよう仕向けてくれているんだ!とレメディーの恩恵を本当に感じました。。。

結果、5針縫いましたが

頭を打った後遺症も出る事なく、元気にしています。

私は自分もAcon.とれば良かったー笑と思いましたが、統合して、何とか乗り切れました。

 

さて、その後おばあちゃんは・・・危篤の電話が入った6日後も

生きてくれています。

夫の実家から戻るとすぐに、お見舞いに行きましたが

Carb-v. Ars. サポートHai くらいしか、正直思いつかなくて

酸素マスクをそっと外して、少し開いた口にレメディーを入れてみました。

すると、程なくして目が開き、笑ってくれたのです。

レメディーが美味しかったのかな。

嬉しそうに舐めている姿を見て、また涙。生きていてくれて、本当に嬉しかったなぁ。

ちょうど昨日はビル・ネルソン氏のスキオ講義だったので、

今朝、思いきっておばあちゃんに遠隔でスキオを使ってみました。

確かにもう悪いところばかりでしたが、スキオのおかげで

その中でも、最もおばあちゃんが辛いであろう箇所がわかり。

本当にこれもまた凄いな、と。

明日、またお見舞いに行って、今度は腎臓、血、肺もサポートして

少しでもおばあちゃんの残りの時間を、楽に過ごせるように出来たらと思います。

9期のみんな

何度もおばあちゃんが危ない時、色々と教えてくれて、助けてくれてありがとう!!!

あの時が無かったら、もっと早くおばあちゃんは空に帰っていたんだろうとしみじみ思います。

本当に、全てに感謝!!!

 

 

 

 

 

ライオンズゲートが開く日に

こんにちは、ご無沙汰しておりますGです。
今日は、な、なんと「ライオンズゲートの扉が一番大きく開く日」なそうですね! そんな記念すべき素晴らしい日にブログをアップできることに感謝致します。

ライオンズゲートとは、
「宇宙の法則により地球が銀河の中心になったときに開かれる霊的世界の扉。宇宙と地球をつなぐ扉」
なそうです。 Gも今年初めて知りました。

ライオンズゲートは毎年8月8日に開き、その時期に差し掛かると、地球に住む私たちは、大きなエネルギーを受け取り、多大な影響を受けるそうです。 

「年間を通して、もっとも地球に宇宙エネルギーが降り注ぐ時期」

であり、ライオンズゲートが開いているときは、地球に多くのエネルギーが満ちているため、アセンション(次元上昇)という、霊的な進化を遂げやすい状況ができあがるそうです。

この時期には感受性が上がり、自分が本当にやりたいことが表面に出てきている時期のため、自分の行動が普段と違ったりすることもあるようです。 「今の自分がすべきことが明確になる」時期でもあるようですね。
自分の価値観に変化が起こったり、興味の対象が突然変わったりすることもあるそうです。

またこの時期には体調を崩してしまう人もいる(好転反応なそうです)そうですが、私も先月末からいきなり首のまわりに湿疹が・・・!! かゆくてたまらな~い!! と必死でレメディ取ったり「マヤズムか??」などと思ったりあれこれしていましたが、ライオンズゲートが開く時期の不調で「湿疹」というものがあり、おお、これか!! と納得しているところです(笑)

ライオンズゲートポータルのエネルギーが最も高まっているときにフラワーオブライフの瞑想をしてください!
ということなので、早速昨日と今日と瞑想致しました。

ゲートのポータルは7月末頃から開いているそうですが、Gはタイミングよく? 生まれて初めての「リーディング」を7/31日に受けました! ライオンズゲートのことは今週まで全く知らなかったので、なんという偶然! というか、世の中に偶然というものはありませんので、リーディングをこのタイミングで受けるのは必然だったのだなあ・・・と今になって思っています。

リーディングを受けることになったいきさつも、今年5月から受け始めたジェモセラピー講座でご一緒している受講生の方がリーディングの勉強をしているというお話をお聞きしたことから。 始めは「へえ~、そうなんですね。かけもち大変ですね~。」くらいであまり気に留めていなかったんですが(ホメオパシースクールの同期の方からご紹介されたリーディングの方にお会いしようと思ってましたので)、

「リーディングをしているとその人の色が見えるんですよ」

と聞いた途端、えっ、色?! 色?!  面白い!! 私は何色????

という考えが妙に頭から離れず、その方の先生は海外在住なのですがたまたま日本にいらっしゃるとうことで、なんという偶然、思い立ったら吉日! という感じであれよあれよとセッションが決まったのでした。
ホント、不思議ですよね。 物事は動くときにはいきなり動くんですよね・・・

結局私の色は明るい黄緑色とのこと、私の魂は何度も生まれ変わっている古い魂だということがわかりました。
いやいや、地球で苦労? してきたのねぇ~・・・
そしてこの古い魂はもともとシリウス星からやってきたそうです。
シリウス星・・・・そうか、最近やたらとシリウス星に関する本に興味を持って読んでいたのは魂が懐かしがっているということだったのか・・・

などなど、感慨深いセッションでした。
そろそろ私も覚醒が近いかな・・・などと宇宙と地球をつなぐ扉が開いている日に思っております。

蝉の声を聞くと思い出す夏のこと。

 

こんにちは、ひろみです。

 

 

朝から蝉の鳴き声が聞こえ、部屋に強い日差しが差し込むと、小学生の時に夏を過ごした田舎を思い出します♪

 

夏休みには決まって祖父母の住んでいた佐渡ヶ島の家に帰省するのが当時の私の一番の楽しみでした。

 

籐の旅行かばんにお菓子やら、トランプやら、宝物を詰めこんで、旅の支度をし、わくわくしながらお気に入りのお洋服を着て出かけました。

 

 

島に着くと田んぼや畑しかない長い長い道をひたすら車で走ります。

 

昔ながらの大きな長屋作りの祖父母の家が見えると、車から飛び降りて妹と二人、

「おじいちゃ〜ん!!」と叫びながら玄関までの長い道を走って行きました。^^

 

 

 

 

 

朝から耳いっぱいに聞こえる蝉の鳴く声。

 

ジリジリと暑い日差しの中で、長靴にモンペ姿で家の前の畑でキュウリやナスやトマトやカボチャを収穫しました。

 

井戸水で冷やしたトマトをそのまま丸かじりして食べたのか最高に美味しかった!

 

母と祖母が裏の森でミョウガを採っている間に、私たちはミョウガの葉の裏に付いた蝉の抜け殻を夢中で探していました。

 

都会で育った私には何もかもが新鮮で、非日常で楽しかったのです♪

 

 

夕方になると変わるヒグラシの鳴き声や、大きな壁時計のボーンボーンと鳴る音、お線香の匂い。

 

夜になるとシーンと静まり返ったちょっぴり怖い布団の中も。

 

佐渡で過ごした夏のことは、今でも鮮明に覚えています。

 

 

 

ある年の夏、家から少し離れたところに私たちとちょうど同じくらいの子供が住んでいるという話を聞きました。

 

家の周りで人を見かけることなどあまりなかったので不思議でしたが、会いに行って一緒に遊ぶようになりました。

 

西という屋号の家に住む姉妹は、偶然にもわたし達姉妹と同じ歳でした。

 

すぐに気の合った私たちは、家の隣にある廃校された保育園の園庭で遊んだり、近くの湖まで散歩したりしていました。

 

ある夜、ペルセウス座流星群が来る話を聞いて、一緒に流れ星を見ようという話になりました。

 

私たちは夜中に保育園に集まって、草がボウボウに生えた園庭にビニールシートをひいて寝転んで星を見ました。

 

仰いだ空には、見たことのないくらいのたくさんの星が輝き広がっていて、

空にはこんなに星があったのかと、白く光る無数の星屑に驚きました。

 

その空に星が次々と流れるのです。

 

今まで見たこともないような大きな大きな流れ星。

 

ゆっくりと時間をかけて、長く真っ白な尾を夜空に描いては消え、また白い線を描いては消えます。

 

2.3秒に一度、次々と流れる星を見て感動のあまり声が出ませんでした。

 

ただ、すごい!すごい!と興奮して広大な美しい夜空のキャンバスに釘付けになっていました。

 

いくら願いごとをしたって、なくならない。笑。

 

 

星が流れるときには、大きな、はっきりとした白い線を描きます。

 

その尾が描く曲線がとても美しく、ただ見とれていました。

 

 

ふと、

星が消えるとき、それは誰かの命が尽きるときなのではないかと思うようになりました。

 

 

流れ星を見るたびに今、どこかで誰かの命が無くなったのかもしれないと。

 

 

だとしたら、その星が描く軌跡はその魂の生きてきた人生のようで。

 

まるで誰かの一生を一瞬で見せられているかのようでした。

 

 

 

長い線もあれば、短い線もある。

でもそのどれもが美しくて、

命の美しさに感動しました。

 

 

 

私が死ぬときにはどんな線を引いて流れるんだろう。

 

 

誰かがどこかでそれを見ていてくれるのかな。

 

 

そんなふうに思ったらなぜか嬉しくて、心が幸せに満ちていくのでした。

 

 

今でも思い出す、夏の思い出です。

 

 

 

 

 

 

 

Live your bliss⭐️

https://ameblo.jp/channik