人生初の伊勢神宮へ

愛知県の実家に帰省中、お隣の三重県伊勢市にある伊勢神宮へご参拝してきました。

東海人なのに、恥ずかしながら人生(たぶん)初のお伊勢参り。

たまたま観たテレビで、お伊勢参りの詳しい解説などされていたので、その解説通りに参ってみましょう!と家族を誘って行ってみました。

伊勢神宮の参拝の仕方は

二見興玉神社(海で禊ぎ)

外宮(豊受大御神がお祀りしてある)

内宮(天照大御神がお祀りしてある)

金剛證寺(黄金づくしの世界)

がオススメルートだそう。

 

 

まず訪れた二見興玉神社は、

白波打ち付ける大きな岩と小さな岩が大注連縄で結ばれた夫婦岩(めおといわ)がシンボルです。

(↑夫婦岩)

 

昔の人々は参拝の前に、禊ぎに訪れていたというこちらの二見ヶ浦。

砂ではなく砂利なので、すご〜〜く海水の透明感が高く、綺麗なんです!

全然海に入るつもりはなかったのに、自然と靴を脱いで波間で遊んでしまいました。

(↑二見ヶ浦)

そこから車で走ること20分。

外宮は豊受レストランで馴染みが深くなった豊受大御神がお祀りされています。

(↑外宮前にて)

神宮の中にある全ての建物を20年に一度建て替える式年遷宮はおよそ1300年もの間、続いてきたというから驚きです!!(室町時代に120年程、中断したことがあるそうですが)

何故20年に一度と決められているのかは、聖武天皇の命だから、とか技術伝承のためだとか、耐用年数の問題から、とか諸説あるようですが、

これだけの建物、

これだけの数、

これだけの完成度、

これだけの美しさを、

様々な歴史や状況があった中でも続けてこられたということだけでも、いかに日本という国が奇跡的な存在なんだなぁと想わずにはいられません。

 

そしてまた車を走らせること20分。

いよいよ内宮へ。

(↑大鳥居)

(↑宇治橋)

(↑五十鈴川で手を清める)

(↑正宮前にて)

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、天照大御神をお祀りしている正宮では、個人的なお願い事は慎まなければなりません。

世界の平和を祈念し、感謝することがよしとされています。

(個人的なお願い事は、同じ内宮にある荒祭宮でお願いします)

 

至るところに、樹齢何百年級の巨木が立ち、久しぶりに木立の先端が高過ぎて見えないような木に出会いました。

お盆シーズンで多くの人出で賑わっているにも関わらず、杉や檜や楠の巨木の周りだけは、時が止まっているかのような静の空気をまとっています。

ああ、精霊っているんだ。パワースポットって木があるところのことを言うんだなと思いました。

人間とは違う単位で生きている木や石たち。

もしも会話ができたのならば、人間たちの必死なお願いことってどういう風に聞こえているのだろう。

人間よ、がんばれ〜*\(^o^)/* (笑)

って思ってたりするのかな、な〜んて思ったりしました。

 

とにかく美しい!!

とにかく神々しい!!

とにかくひっろーい!!

間違いなくパワースポット!

日本に生まれて良かった!

日本のことが益々好きになった!!

という私のお伊勢参りでした。

 

ところでこの道中で、メッセージを受けたような出来事が、、。

二見ヶ浦で、息子とじゃれ合い、ふざけて上から下にいる息子に松ぼっくりを思い切り投げつけてやろうとした時に、右腕にはめていた数珠がスルリと抜いて、飛んでいってしまいました。

 

4年程一緒に過ごしてきた水晶の数珠ちゃんが、、!

(ちーん、、、)

 

ふざけていても、上から人様に向かってモノをぶつけるものではありませぬよ。

(←四十路になってもお調子に乗りやすい私♡)。

息子をもっと大事にしなはれ。

(←家族の中で若干扱いが雑だった?)

というメッセージだったように思います。

 

水晶さん、ありがとうございました。。

息子よ、以後、気を付けます!!

 

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

(二見ヶ浦にて。二羽の鶴のような雲)

 

 

 

おばあちゃんと娘と。


8月1日の新月から、何だか沢山のギフトを用意してもらい、私にとって怒涛の1週間となりました〜。。。

お試しきたよ、お試し。

 

娘を連れて二人で夫の実家に帰り、数日が過ぎた頃

おばあちゃんの入院先から、危篤との連絡が。

(命が)もって今日、明日かもしれません。反応が無く、肩で息をしているような状況ですので。

と言われたものの・・・

娘はやっと、何ヶ月も待ちに待ったじいじとばあばに再会中。

何だか分からないモヤモヤとした気持ちが胸に広がりました。

 

インチャ癒ししかり、般若心経しかり、

今年に入ってからご縁があった、並木さんの統合ワークを取り入れ始め

心の乱れは統合〜!!!とひたすらブレない自分を意識して

やってきていた!つもり。

だった。

という事にも、しっかり気づかされる程の落胆を味わいました。

でも、

現実はスクリーン。

と思い直し

冷静に兄弟や親戚へ連絡を入れ、何が起きても大丈夫と言う状況を準備しました。

思えば2年前、本当は肺炎で亡くなっていたかもしれない時

ホメオパシーでおばあちゃんが復活した奇跡がありました。

頑張って生き抜いてきたおばあちゃんを思うと、涙が溢れ・・・となるかと思いましたが、

本当の最後の時が来るまで、私も頑張ろう!と自然と思えました。

不思議。すごいな〜と思っていたら

そのまた次の日にお試しが・・・。

 

娘が夕方、ソファの肘置きに座ってテレビを見ていたと思ったら

そのままゴロンと落ち、ギャーーー!と叫び声が。

私は何と無く、とっさに危ない!と叫んでいましたが

なかなか自分で起き上がってこない娘の状態を予測しながら駆け寄ると

見事に顔一面、血で染まり、周りにも流血していました・・・。

幸い夫のお姉さんや姪も居てくれたので、すぐに救急で行ける病院を探し電話をしてくれたり。とても助かりました。

その間、私は娘にサポートAAA. Bell-p. Calen. Arn.などガンガン与え続け。

すると10分くらいで出血はほとんど止まり、眉間にパックリと割れた傷が見えました。

程なくして病院に着くと、娘は痛くない、と言い出し、ぐーぐー寝てしまったのです。

すごいなー。。。今寝かせて一生懸命、傷にVFが向かうよう仕向けてくれているんだ!とレメディーの恩恵を本当に感じました。。。

結果、5針縫いましたが

頭を打った後遺症も出る事なく、元気にしています。

私は自分もAcon.とれば良かったー笑と思いましたが、統合して、何とか乗り切れました。

 

さて、その後おばあちゃんは・・・危篤の電話が入った6日後も

生きてくれています。

夫の実家から戻るとすぐに、お見舞いに行きましたが

Carb-v. Ars. サポートHai くらいしか、正直思いつかなくて

酸素マスクをそっと外して、少し開いた口にレメディーを入れてみました。

すると、程なくして目が開き、笑ってくれたのです。

レメディーが美味しかったのかな。

嬉しそうに舐めている姿を見て、また涙。生きていてくれて、本当に嬉しかったなぁ。

ちょうど昨日はビル・ネルソン氏のスキオ講義だったので、

今朝、思いきっておばあちゃんに遠隔でスキオを使ってみました。

確かにもう悪いところばかりでしたが、スキオのおかげで

その中でも、最もおばあちゃんが辛いであろう箇所がわかり。

本当にこれもまた凄いな、と。

明日、またお見舞いに行って、今度は腎臓、血、肺もサポートして

少しでもおばあちゃんの残りの時間を、楽に過ごせるように出来たらと思います。

9期のみんな

何度もおばあちゃんが危ない時、色々と教えてくれて、助けてくれてありがとう!!!

あの時が無かったら、もっと早くおばあちゃんは空に帰っていたんだろうとしみじみ思います。

本当に、全てに感謝!!!

 

 

 

 

 

縄文レメディ 〜73より〜

今日も暑いですね!!!

さて!!
陽エネルギーマックスの夏至から
真夏に突入ーーーー!!!

先日のロンドンで
縄文の波動を世界に伝えて💕と言われてね

私の愛して止まない

縄文!バイブレーション!について綴ります

とりあえず
夏にも負けないくらい
私の中でテンションが上がる!
といえば

縄文土器!!!

この魅力に火がついたのは・・・

実は
ごくごく最近のことで・・・

去年
東京上野で開催された
縄文展でした

中でも

火焔土器コーナーがヤバすぎた!!!

 

何万年の時を超えて
並んでいる数々の土器、土器、土器

もう!!もう!!もう!!

土器にドキドキ
しすぎちゃって

その空間は、別格のエネジーを
解き放っていたのです!!!

正直・・・・同時期の
海外の土器とは
比べ物にならないくらい

日本の縄文の
土器だけが

半端ないエナジー!!!!!を放っていて

なんじゃこりゃ??

って
びっくりしたのです!!!!

なんていうか・・・・

爆発的な

パッッション!?

ものすごいテンションが上がる!!!

 

火がつくように興奮してしまうほど

初めて
目の当たりにした
国宝の縄文土器

1万5000年というありえないほどの
長い年月
争いもない平和な暮らしが続いたと言われる
縄文時代 の謎💕

そんな時代の心の豊かさ

って

どんな心持ちなんだろうか?

と、
思ってきたけれど

なるほど!!!

縄文人というのは

つまりは

みんな

岡本太郎だったのか!!!

ってね
(^_^;)

そう捉えたら
やっと腑に落ちたんです

それぐらい

ものすごい

爆発的に情熱的に

生きている
活きている
世界を

感じたのです◉

 

縄文展の記事は
こちら

 

それから

というもの・・・

元気が出ないときは

縄文土器の写真を眺めるだけで
元の氣になる!!

 

つまり
私にとって

縄文土器は

レメディ
のように

私を私にしてくれる

生きる力が
蘇るものになりました

まさに
縄文レメディ💕

縄文土器は、
陰陽(男女)が統合された
まるで子宮のような
エナジーを感じました

ここから無限なるエネルギー
宇宙が
生み出されるような感じ!!!!

そんな感動をした縄文展が
全てのキッカケになり

翌月には、

永田町の衆議院議員会館で開かれた
縄文ワールドネットワークの発起人になったり

九州   壱岐島の縄文祭に出かけたり

渋谷アースデイで縄文パレードに参加したり

火焔土器の里
新潟の縄文遺跡の笹山での
じょうもん市縄文舞を踊ったり・・・・

この一年で、すっかり縄文LOVE❤️

そんな
縄文の世界の虜になっていくのですが・・・

そもそも
私の中で縄文ブームの

最初のキッカケは

遡ること6年前…

実は、日本という国に
全く興味がなく!!!

沖縄での生活も
日本との関わりなんて

あまり感じていませんでした。

しかし・・・

10年暮らした宮古島での

私の島生活は、

 

なにかと

島の土着した御神事などに
ディープに関わっていましたから

あとからになって

全ての
たまたま
は、繋がっていきます。

 

宮古というのは
古いというだけあって

日本の神事の原型のような
古代からの祈りの儀式を
見せているように感じました。

私が島をでる事になった2013年は、

20年に一度の伊勢の遷宮と

60年に一度の出雲の遷宮が

重なる
大遷宮の年で

結局・・・私は、

どちらの遷宮儀式にも
参加する事になります。

古事記の語りべをしていた
友人が

氏名は、使命だから

たきざわなみ
っていう名前は、

いざなみ
さんだね♡

って言われたんですね

女神といっても
黄泉の国の女神って???

全然嬉しくないし・・・・😅

当時は、
日本の神様がよく分からない

けど、

その時、気づいたのは

宮古島に唯一ある
宮古島神社の主祭神は

伊邪那美命(いざなみのミコト)
だったってこと

そこから

いざなみさんとは
なんなのか?

紐解くうちに
これまでの全ての流れが

たまたま
繋がっていきます。

 

 

とくに出雲では
遷宮に携わることが多く
出雲の神楽殿や万九千神社での
クリスタルボウルでのご奉納演奏

 

出雲という場所は、
いざなみ   をはじめ、古代の神話と
ご縁が深い土地であることを
感じていきました

宮古島神社から

伊勢神宮、鹿児島神宮、霧島神宮、高千穂神社…

全国各地での

あらゆる神社⛩仏閣
聖地と言われる場所での
ご奉納の演奏や

奉納舞を

していきました。

そこからの展開は、
見事で

たまたま参加した

いときょう先生の
ホツマツタエの勉強会で

いざなみ
の話が
出てきたのです!!

しかも、

いざなみ と いざなき

古代の二人の男女の神
フタカミは、

古代の日本で
言葉が乱れた時代に

あわのうた

日本の全国各地で
歌って
回って

言葉の乱れを直して行ったと
いうのです

 

 

実は、私・・・あわの歌を
意味もわからず、よーーーく
口づさんでいたのです・・・・


ご存知のとおり

音とは、バイブレーション


波動

 

言葉が乱れた時代というのは

古代でも
波動の乱れた
荒んだ時代があったということ

その波動を
整える音

それが

日本語の48音からなる

あわの歌だというのです。

48  ヨハネ

新約聖書では
「言葉は神と共にある・・・」と記されています

この48音の日本語

あわの歌を

毎日唱えることで

人間の肉体である
五臓六腑を整えるだけでなく
周りや空間の気を整える

と記されているのです

つまり

お気づきかもしれませんが

一音一音が

ホメオパシーのレメディのようなもので

それは、

ヲシテ文字と言われる
縄文の古代文字

一文字一文字が
レメディのようにそれぞれ波動を持つ
っていうこと

48音

全てに意味がり
固有の周波数を持ち

それぞれの波動があるんです

母音がベースとなる
日本語という音には

それぞれの周波数と
とても大事な意味があります。

古代文字である
ヲシテ文字は、

5元素を意味しているんです

言葉が
元素になっている

うつほ(宇宙)・かぜ()・ほ()・みず()・はに(土)

つまり
日本語は、

自然界に存在する
森羅万象を
有しているってこと

レメディみたいでしょ、笑

この文字を
書くことで
身体を治して行く
氣功や整体を
されている方もいますから〜〜

この古代文字
古代縄文のバイブレーションは

自分を
自分に戻す
力がある

パワフルなエネルギーを
書くことでも
感じていくことができます💕

それは、

まず
古代文字で
自分の名前を書いてみるとわかります

氏名は、使命

古代の人々は、いくつも名前を持っていて
役割に応じて名前を使い分けていたようです

古代文字は、
物事の
言葉や音の本質を知ることができますから

そんな
ホツマツタエについて楽しくわかりやすく解説しながら
あわ歌を歌い
古代文字を書く会を

毎月、開催しています〜♡

詳しくは
こちら

古神道でも

言霊(コトダマ)・音霊(オトダマ)・数霊(カズタマ)・色霊(イロタマ)・型霊(カタダマ)・・・などと言われるように

言葉や音や数や色や形には、

エネルギーがあることを伝えています!!

目には見えない
固有のバイブレーション

波動があります。

ですから

私たちは、ホメオパシーの授業の前に

祝詞あげ
をするのですが

音を出すことは
ヒトにとって

大事な御神事のようなものです。

 

 

肉体から
音を出すこと

声とは

まるで楽器のような

人間というのは、

3次元の肉体を持ちながら

意識というのは、

過去や未来
あらゆる次元や空間に
いつでも飛んでいける

実は、
多次元パラレルな世界に繋がることができる存在

声を出す
音を出すという行為は、

肉体を持っている
今しかできない!

つまり

神聖な周波数と繋がることや
高次元のエネルギーを降ろすこともできる
3次元の肉体は、

過去の意識を貯蔵する潜在意識と
繋がりますから

音(バイブレーション)で
過去に抑圧した感情のエネルギーすら

祓い清めができる
ってこと

もやは
こんな宇宙の法則とは

科学ですよね!?

 

 

肉体を持つ私たち有限の世界で生きる
人間しかできない無限のエネルギーを解き放つ行為

ですから

人間は、天と地をつなぐ
霊(ヒ)を止める(ト)なんですね

ヒト
とは、
霊止

ヒトは、

相反する
天と地
陰陽を結ぶことができる

ですから

本当の音

本音を響かせていくことは

自分を生きるのに
と〜〜っても大事です💕

 

現代人は、
霊的な能力を持つことを
特別視する傾向にありますが

古代では当たり前のように
ヒトとは、
無限のエネルギーを有する
誰もが霊的な特別な存在であることを
わかっていましたから

古代の先人からのギフトのようなメッセージに溢れる
古代文献は、

私たちルーツや忘れてしまっことを
DNAから呼び起こすことができます

頭を使いすぎて
知識に偏り
考えてばかりいると

ついつい
本当のことを
忘れしまいますが

あらゆる情報に溢れる現代だからこそ!

自分を生きるために

自分の
道標となる
肉体感覚

それは、本来誰しも持っているはずの
自分の感覚・感性・感受性
感じる力

内側へ意識を向けること
何より大事になると思います

じゃないと、自分が何者か

どんな選択をしたら良いのか

迷子になる!

全ての答えは内にある

ですから、縄文古代の叡智が

私たちが忘れてしまった

そもそも

自分の本当のこと

本来の力を

想い出すことができるんですよね〜💕

それは

まるで

自然界のバイブレーション
動物・鉱物・植物のバイブレーションで転写させた
ホメオパシーレメディと

似ている
思想や哲学であり、

縄文古代に触れることで
想い出すことができる

縄文レメディ

 

日本の神話となる
古事記と日本書紀の

原型となるのが

ホツマツタエ

実は、

日本の古代縄文の歴史が綴られているのです

神(アマカミ)とは、
それは、庶民に
神聖な陰と陽を結ぶ心持ちを伝える
シャーマンであり
実在していたリーダーです

つまり
天皇という存在

この下記の図は見たことありますか?

ヲシテ文字で描かれた文献

フトマニ


これは、

真ん中に
あうわ

と呼ばれる文字が書かれています

左渦巻き(男性)

生まれるの 

右渦巻き(女性)

宇宙創世を意味している文字と音です

全ては、ここから始まり

そんな宇宙のエネルギーを
下ろして作られた

このフトマニ

古代ヲシテ文字は、

いざなみ
のお父さんである

豊受大神

創ったものです。

古代の占い
とも呼ばれていますが
陰陽統合のエネルギーが溢れています

豊受という名称は、

私たちがとても
お世話になっている学校には
馴染深い名称です

古事記では、女神ですが
ホツマツタエでは男性になります

アマテラスも
男性なので
13人のお妃や

第一夫人であった
瀬織津姫(せおりつひめ)の存在も
古事記には、書かれていないんですね

古代の女神は
今、復活して行くように

女性性の時代は
目覚めとようとしています。

ただ
これらは
真実や正しさを
問うものでもなく

問うべきは

 

それぞれに刻まれた
魂の真実のみ

そうなると
みんな違うから面白い
みんなが神様

それは、何万年も続いた縄文文化

忘れかけている
日本古来からの精神性
です。

あらゆる民族を調べ上げた
アーノルドトインビーという歴史学者は

12歳までにその民族の神話を
学ばない民族は、

100年ほどで
確実に滅んでいる
と言っています

私たち日本は
戦後から
GHQの指導で
神話を学ばない政策が取られました

日本の神話とは、

古事記や
日本書紀とも言われますが

古事記と日本書紀の
元となる

ホツマツタエや

これらの神話に触れて行くことで

自尊心を
思い出すことができます

古代縄文からの歴史のヒントとなる
カタカムナや
龍体文字や
ヲシテ文字に

ただ触れるだけで

私たちは、表現者であることを
みんなアーティストで

それぞれ固有のバイブレーションを放つ

みんな神様だってことが
わかっていくようです。

それぞれの魂の声

本当の音

本音を響かせて

音とは、
波動でありエネルギーのこと

本当の自分の
エネルギーを

放っていく時がきたようです

たまたま

とは、

が出愛うこと

💕

 

 

私は、黄泉の国の神
闇の女神
いざなみ
が導く
光の世界のおかげで

いろんな

たまたま


結ばれゆきました。

いう字は、

音で門が

開かれるようにように感じます

 

音には、
全て意味があり

同じ音には
同じ意味があります。

 

 

本当の豊かさ
本当の平和
本当の自由

となるヒントが

古代

縄文時代にあるように感じます

世界最古の国として

ギネス認定もされている国

日本での

2020年の東京オリンピック

大きな時代の節目に

この縄文という
誇るべき時代を

世界へ
発信できればと思っています!!!

*・゜゚・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・゜゚・*

201年は
くくりの年

いざなみプロジェクトでは、

魂の場所?
たまプラーザにて

いと先生のホツマツタエ勉強会

ヲシテ文字を書く会を
毎月開催しています

●イベント一覧
●73ブログ

 

太陽エネルギーMAXの夏至より73

 

時差ボケボケ

言い訳にしている

73(なみ)です〜〜!!

 

皆さま、夏至は、いかがお過ごしでしたか?

私は、大好きなホメオパシーの学校をサボって
イギリスへ行っていました。


のサイクルは、新月・満月がゲートになり

太陽のサイクルでは、春分・夏至・秋分・冬至

アセンションゲートと言われる
エネルギーシフトの起こるタイミングです〜💕

いつものように・・・自然界の流れを
やたらと内側で感じて生きています

 

2019年の今年の
春分は一つの大きな節目になり、
宇宙元旦とも言われていましたが

そこから太陽のエネルギーマックスの夏至までは
カウントダウンするほど

エネルギーの高まりを感じていきました。

今回の旅は、

実は、もともと夏至が目的ではなく

イギリスで開催される
パワフルなエネルギーワークを含める
ヒーリングセミナーの参加が目的でした。

私は、ヒプノセラピーをはじめとする
心理療法のセラピストとしてこの数十年活動して来たのですが

あらゆる心理の学びをどんなに知識として深めても、
実際多くのクライアントとのセッションは
マニュアル通りには行かない・・・どんなに学んでも
マインドの分析や知識や理解をはるかに超えていきます

ので、とにかく実践から多くを

自分なりに学んでいくしかありません

そんな中で・・自分のクライアントの傾向というのが見えてきます

それは、クライアントではなく
自分自身の潜在意識のテーマだったりして・・・・

他者の問題は、自分の中に見つけることができるわけです。

何より、自分からは、どうやっても逃げられない

そうなると・・・

クライアントは、もはや、自分でもあり

さらに自分を掘り下げ分析していくしかなくなるわけです

自分の思い込みや常識や当たり前すら
覆していくのが
潜在意識の無限の力です

頭での理解やマインドを超えていけます

ですから

エネルギーがいかに重要かがわかってきます
結局、全ては、エネルギワークとして取り組む

心理の探求は、終わりがないし
どこまでも深く掘り下げられる!!

時に、めちゃくちゃ辛い体感を伴うけれど

もう、
やめられないのです!!!

そんなことから
自分の

たま磨きのために

心理学やセラピーやスピリチュアルの本場でもある
3回目のイギリス行きを決めると

夏至のスケジュールは
流れるように
勝手に決まっていきました。

夏至を示す
配置に
巨石が並ぶ

世界遺産の

ストーンヘンジ

この日は、特別に
柵が外され
直接触ることが許されています。

前夜から

 

ロンドンで
ホメオパスをしている友人が
車の乗り合わせで

連れていってくれることに
なりました!!

ダウンジャケットがいるほど
深夜は寒くなるのですが

とにかく巨石の周りは、

多種多様のコスチューーム
宗教、音楽でごったかえし

どんちゃん騒ぎのお祭り!!!!

 

しかーーーし

ご来光が近づく明け方

明るくなりはじまた時だけは、

みんな

同じ方向を見つめ出すんです〜〜

それはそれは

美しくとてもパワフルな

夏至の朝陽でした💕


地球の多種多様を結ぶ

太陽

 

私は、この夏至のご来光を

太陽の国を想いながら
イギリスの地で迎えることができました

 

詳しくは、
こちらに
綴っています

2019年の夏至祭


そして、

この御来光から

イギリス最大のパワースポットと言われる

グラストンベリーへ向かいました!

正午に行われる
夏至の祈りの儀式には

世界各地から

日本からは
親愛なる友人も

集まっていました💕

キリストの聖杯が埋められていると言われる
チャリスウェルの庭園の

最も奥に

聖なる井戸を囲んで
集まり

ここに来ると

グラストンベリーが
地球のハートチャクラと言われる理由が
わかります

とても静かで

ここのエネルギーを感じるだけで

ただただ

涙が流れました

 

あまりに美しいエネルギーが

この地球には、存在している

妖精が住んでいる聖地がある

ジョンレノンのイマジンは
この場所で
産まれたそうです

夏至のエネルギー
マックスの

夏至点は

トーの丘に向かいました

 

風が心地よく

360度のパノラマは
風と空間エネルギーが
最高に心地よく
美しさと穏やかさ
幸せしかなく

もうね!!!

あまりにも

あまりにも

平和で豊かで

もう何も要らない!!!!

そう思える

そんな場所でした

このバイブレーション届くかな〜

数百のレイラインが通ると言われる
ここバイブレーションは
とにかく格別でした

 

そんな夢のような世界を
イメージするだけで
いつでも繋がれるから💕

イメージの世界は、無限です

ヒプノセラピーで
ここのビジョンを見たのは
つい数ヶ月前

その時は、

ここに来る予定なんて
全くなかった!!

私の周りのフラワーエッセンスのセラピストは
みんな行っているのですが
正直
私には、全く興味もなかった!!!

ビジョンフォーカスの力ってヤバいんですね・・・・

現実化のスピードは、

この夏至から
より加速度を増していきます

意識が現実を創っている
そんな心の仕組みも

もう
誰もが理解し始めるはずです。

自然界が見せているもの
外側の世界の

全て答えは、
内側にある

 

 

陽極まると陰に転じる夏至から

陰のエネルギーへ切り替わっています

陰とは、
どこまでも内側に向かうエネルギー

 

これを使って

冬至までは
自分を深めていくのに
良いはずです💕

そんな濃厚な
夏至は、22時近くまで
とにかく明るく

昨日から眠ってないのに

グラストンベリーの可愛い街で

アロマオイルや
薬草ハーブティや
魔女のお店やカフェを散策していました

もちろん!

帰りのロンドンまでの帰りの車

3時間くらいかな?

死んだように・・・爆睡でしたけどね!!!

その後

5日間のセミナーを受けて
そりゃ〜もう〜〜!!!!

初めての感覚と体験と
心理の紐解きや分析に取り組む毎日は

エネルギーを感じるのと

同等に
めちゃくちゃ
頭を使って

考えることも感じることも
どちらも思いっきり使い
・・・・

ヘロヘロになりました・・・・

そして

昨日、帰国。

自分のブログのレポートは
全く追いつかないけど

そんな夏至から迎える

明日7月3日は、

日食が重なる
新月です💕

食が重なる7月の新月満月は

統合を意味する
七夕を挟む

大事な
一つのサイクルになっています

新月満月は、
クリスタルボウル瞑想会を開催しています
こちら

 

 

今回は、
グラストンベリーの聖水で作られた
フラワーエッセンスを
シェアしながら

クリスタルボウルの倍音とともに
それぞれの潜在意識と繋がっていきます
テーマは、「BIRTH」です

 

 

新月は、いつでも

私たちは、
生きながらにして生まれ変わることができることを

教えてくれています

新たなはじまり

再誕生!

皆さんの
それぞれのはじまりを
祝って💕

引き寄せの法則、発動中?

こんにちは。

モリーです。

 

最近とみに引き寄せというか、言葉にしたことが

現実として目の前に現れやすくなっているのを感じます。

大きなものから小さなものまで。

 

義母との関係では特にそれが強いように感じます。

愛媛に住む義母は、たまに野菜や食品を送ってくれたりするのですが、私が買い物リストしてあったものが、

義母から送られてきた段ボールの中から出てくる、ということは偶然かもしれませんが何度も何度もあります。

元々感度・霊性が高そうな人なので、言わずとも分かりあえるということが多いように思います。

寅子先生は、ものつくりには作り手のエネルギーがこもる。(からいいエネルギーで仕事をしなさい)ということをおっしゃいますが、

義母からの荷物や行為の端々に、義母からの無言のメッセージを感じるのです。

様々な不安があった中でも結婚を決意したのは、この母の息子さんなら大丈夫と思えたことは、夫には内緒にしていることです(笑) 。

 

半年ほど前には、四角いダイニングテーブルを買おう!と家族会議で決まった翌日に、

友人から“テレビ要らない?

”私:“ありがとう。要らないならもらおうかな。

“友人:“ついでにダイニングテーブルは要らないよねー?

”私:“ええっ?形はどんな感じ?”

友人:“6人用の長方形の…”

私:“く、ください!”

というやりとりがあり、ダイニングテーブルを買おう!を口に出した翌々日には、何故か我が家にダイニングテーブルが来ていた、ということがありました。(友人旦那様、ありがとうございました。)

実は昔にインテリアコーディネーターをしていたので、わずかながらインテリアにはこだわりがあり、ダイニングテーブルのような大物を見ることもなく家に入れてしまうのは不安があったのですが、これはもうお導き?と思い咄嗟に“く、ください!”と言っていました。( ´∀` )

奇跡的に、ダイニングテーブルは10年前からそこにあったような馴染みようで、家族で大事に使わせていただいております。

 

最近あった出会いは、小さなキーホルダー?ストラップ?なのですが、、。

最近の私の関心事が、ハーネマンの時代に使っていたような、ガラスの瓶に入ったレメディーでして、、

ホメオパシー自体も素晴らしいけど、あの木箱の中にズラリと並んだ小瓶が好きだなと思っていました。

素敵なガラス瓶が木箱から出てくるのって素敵だな、そんなのが欲しいなと思っていたのです。

もし友達がそんなものを使っているのをチラッと目にしたら、

“それは何?”

“自然治癒力を発動してくれる素晴らしいものなんだよ。ホメオパシーという自然療法で使うものなんだ”

“ホメオパシーって何やらいい感じ♡”

という会話が自然にできていいなぁと思い、

そうだ!素敵な木箱をつくろう!と妄想していました。

自分で木箱を買ってきて、サイズ感や手触りなどあれこれ考え、

次に、木材の端材を何かに活用できないか思案していた知人に連絡を取り、イメージ図を送って木箱のサンプル製作を依頼しました。

ガラスの瓶は、ネットで探しましたが、なかなか適当なものが見つからず、コルクの栓の付いた小瓶をひとまず買おうかと思っていた矢先に、たまたま落とし物が手元に舞い込み、、、(小瓶はバイトで働いている近所のお宮の中で見つかりました。)それがまさにネットで買おうとしていたものだったのです!!

(モリー興奮)

 

私の手元に舞い込んできた小さな小瓶、、これは木箱を作ってお売りなさい(=ホメオパシーを広めなさい)というメッセージに思えて仕方がありません!!!

(モリー大興奮)

 

これがホメオパシー埋蔵金になるかも!(←9期のライン参照)と思っているのですが、どうなんでしょうか??

いや、なります。

なるに違いない!

ならせますとも!!

 

 

ドドーン!!

 

 

ただの偶然?

それとも引き寄せ?

今は分かりませんが、引き寄せ力、もしくはその感知する力がついてきているのかな?と思った出来事でした。

皆さんも何か引き寄せたことがあればシェアして、

ぜひ一緒にワクワクさせてください♪♪♪

6月の京都

6月は娘を連れ、京都に行ってきました。

通っているChhomの学校の

食と農業を考えるシンポジウムが開催される為、以前から一度は行ってみたいと気になっていた事もあり、参加を決めました!

その後押しにもなったのが

私は夫と4年前の秋頃、比叡山延暦寺に行った際のご縁です。

当時はveganだった為、精進料理が出てくる宿坊に泊まるのは、私にとってはうってつけでした。

神社仏閣をお参りするのも好きだったので、軽い気持ちで訪れたのですが

大講堂の中の片隅に、子供を抱いた菩薩さまのような小さな仏像があり、何故か私はとてもとても、惹かれました。

その側にあった、子授け守りを頂いてくる事にしたのですが

結果、なんとその年の冬に、娘がお腹にやってきてくれたのです!

自然に授かれればいいよね、なんて言っていたら5年も経っていた私達の元に。

正直、びっくりしました。

その後、お礼参りをしたいと思いながらも何年も時は過ぎましたが、

今回のシンポジウムに参加を決めてすぐに、お宿探しをした所、すんなり延暦寺会館に宿泊が決まりました。

夫と3人で行こうとした時は、ことごとく空いてなかったのに!笑

素晴らしいー!行って良いのだ!

と感激しました。

そして娘と無事にお礼参りをして、高校時代からの親友にも再会し、シンポジウムにも参加が出来て、京都を散策して東京に戻る…という幸せな旅になりました♡

梅雨入りしてたのに、雨に見舞われたのは最初だけ!という奇跡も。きっと娘が晴れ女なんだなぁ。。

 

細胞に学べ!

こんにちは、Jです!

前回は私たちの性格は6歳までに既にできあがっちゃっていて、潜在意識もそれまでの環境・経験でプログラミングされちゃてます💦 ということを書きました。

じゃあ、それってどうやって変えられるの??? もう無理なの? どうすればいいの?
という疑問がずーっとありました。
著者のブルースさんは「潜在意識を認識すること」がまず第一歩で、それにはカウンセリングなどで自分が無意識にしている行動・思考を知ることから・・・とおっしゃっていました。  う~ん・・・

そんなとき! そういった潜在意識を変えるアプローチ手法を同期のひろみさんが学んでいらっしゃるというニュースが!! 本当に私たち9期生は

問題を提起すると誰かが必ず答えをもっている・・・それも凄く良いタイミングで

というもの凄いチームなんです。

ブルースさんの本を読んでから「細胞」について興味を持ち始めています。
細胞って人間より賢いかも!?
というのが今の感想です。

細胞ひとつひとつには、例え単細胞であっても知性があり、
自分(細胞)にとって害のあるものは避けようとし(逃げる)、益のあるものには近寄るという行動を取るそうです。
そして、細胞個々に生き延びるのではなく、グループやコロニー(集団)を作って共同作業することにより、より複雑かつ高等な生物になってきた・・・その頂点に立っているのが人間です。

人間の身体の中でも細胞はちゃーんと役割分担をしていて、それぞれの器官は日本でいえば都道府県のような地方自治体として機能しており、脳は中央政府、身体全体に指令は出すけど各自治体から「問題あり」の連絡があるまでは、自治体お任せ運営になっているそうです。

細胞くんたち、凄いですよね!
日本はここまで地方分権が機能しているのか? と思ってしまいます。

ブルース氏は米国本土の一流大学の教授だったにも拘わらず、様々な事情からカリブ島の医大の教授をされることになります。
そこの医大生たちは、経済的、人種的、犯罪歴など様々な理由から本土の医大への入学ができなかったいわゆる「落ちこぼれ」と言われる学生たちでした。

ブルース氏も、本土の鼻持ちならないエリート意識の強い学生と違い、医師になれるかどうかわからない(ほぼ絶望的)な学生たちを相手に少し気楽に(というか好きなように)授業をするのですが、この学生たちはブルース氏が絶賛する賢い細胞の習性(グループで共同作業をし、より高度になっていく)を手本に、お互い協力し合い、助け合いながら学んでいきます。
米国本土のほとんどの医大生は皆競争意識も強く、とにかく自分が上に上がっていくこと、ライバルを蹴落とすことに必死ですから、協力し合う、助け合うなんて考えもしなければ余裕もありません。

ところが、最終的に、この落ちこぼれ(だったはず)のカリブ島の医大生たちは、米国本土の学生たちよりも優秀な成績を修め、奇跡を起こしたそうです!
いやいや、まさに人間が細胞から学んだということですよね。

これからの日本も世界も、カリブ島の学生たちが細胞から学んで成功したように、人種や性別、年齢関係なく協力し合い、助け合うことにより豊かな地球をつくり、奇跡を起こせるといいですよね・・・細胞に学べ!

 

くくり組の魂の記憶〜73より〜

夏至へのカウントダウンで
最近やたらと、熱量が上がっている
73(なみ)です

投稿が遅れてしまって
ごめんなさい!!!

ホメオパシーを共に学ぶ
CHOM9期の私たちも、2年生に進級し、
4月後半から
いよいよ2年生の授業がはじまりました。

そんな私は、
かれこれ10年ほど前から
ヒプノセラピーという
前世療法(退行催眠心理療法)とも言われる

心理療法を行う
ヒプノセラピストとして活動しているので

魂の記憶については、
やたらと感じることがあります。

ヒプノセラピーってね

アメリカでは、
医療として認められている心理療法なのですが

記憶の貯蔵庫になっている潜在意識にアクセスし、
クライアント自ら、現実生活で問題となっている
意識の根源を紐解くためのナビゲートをしていくんです。

潜在意識って無自覚、無意識ですから
自分でのアクセスは難しいものですが

ナビゲートすることで
より明確にエネルギー(感情)の解放をしていくことが
できます

私は、独自のやり方でクリスタルボウルの音を使っていくので
より深く、時空次元を超えた
無意識領域へのアプローチができるのです

そんなソウルナビゲーターなので

これまでに様々な魂の物語
無意識の奇跡
一緒に
見せてもらうことになります。

こちら

とはいっても・・・

より深い領域まで
クライアントをお連れするためには

自分自身の探求なしには難しく

私にとって
この魂の探求は、変態的に
やめられなくなっていくのです!

そんな中で

ホメオパシーに
出会うことで私自身が

劇的に変容していきました

ただ・・・私のこれまでは、
あまりにも好転反応が激しすぎる体験ばかりで
私の生徒さんやクライアントには、
おすすめできなかったのです

それでも

レメディにたまらなく惹かれる

トキメク私の衝動を感じて

学校に入ろう!決めた頃

私の仲間 数人に

「火あぶり」にあっている
前世の記憶を指摘されます・・・

確かにそれは、何度となく繰り返し
潜在意識に刻まれた
私の過去の記憶なのだろうけれど

自分のことはさっぱり分からないのですよ

ただ、私の覚悟を試されているのは

よくわかりました。

ですから、

わたしは、自分の大好き
何度も確かめて
過去は過去として未来を全く新しいものに

創っていくことを決意して

入学したわけです!

 

そして、やっぱり全ての出逢いは、必然で

ホメオパシーの学校に通う9期の仲間にも

深い深い
魂のご縁を感じていきました。

私も相当な
変わり者だと思っていましたが

9期は、濃ゆいな〜〜〜!!!!

わりと〜

みんな〜

平均的に

だった・・・・笑

そんな仲間たちといると

妙に・・・安心します〜

学校以外でも
勉強に励んだり

私のサロンでも
勉強会をしてくれるようになりました。

出会うべきして出会った仲間たちには

それぞれ
ホメオパシーに出会うまでの流れを聞くだけでも

ドラマか?ってくらい
素敵な素敵な
それぞれの物語があるんです。

そして、

なぜか
妙〜〜〜〜に、気が愛
共に学びを深めています

この繋がりは

前世からの
深い繋がりは、否めないよ〜〜

看護婦のみゆきさんが
追試試験のために

みんなに病理を

わかりやす〜〜〜く
解説してくれました

 

マヤズムの勉強を独自で深めている
ヒロミちゃんは、
わかりやすいマヤズム講座をしてくれました

特に
大好きなホメオパシーレメディの話になると

止まらないのほど盛り上がります

私は、
こんなみんなを
ただ眺めているのが
大好きなのです

懐かしく
愛おしくて

勉強よりも何よりも

写真ばっかり撮りたくなってしまうのですよ。

だってね〜〜

何百年?何千年の
再会だもん

撮っておきたくも
なるわ〜〜💕

*・゜゚・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・゜゚・*

そんな私達の
2年生初の
病理の授業は、

腎臓でした

その日は、
みわちゃんの後ろに座って

この授業を
いつものように

ボーーーーっと聞いていたのですが

実は、私は最近

昨年骨折した私のパートナーのヒロさんの
最近のエネルギー状態が気になっていて

その日は、
どうも授業の内容が頭に入ってこない・・・・

授業の後、

ふと

みわちゃんに

「うちのダーリンは死を急いでる気がする
でも、こんなことを口にしたら
余計に現実化してしまうんだよね・・・・・」

と思わず自分の不安を
打ち明けると

涙を浮かべて

その思いを感じてくれる みわちゃん

実は、みわちゃんの旦那様は、数年前に
腎臓を患って
若くして亡くなっていて

「今日の授業の全ては
テストに出たら満点だったよ」

と話してくれたのです

もちろん、みわちゃんのそんなこれまでを
知っていたはずなのだけど・・・・

 

だから

私は、今日は
みわちゃんの後ろに
座ったんだね〜

腑に落ちました

魂は何度も生まれ変わっている

そして、

この世界は、
自分の意識が創り出している幻想なんだ

もう死や生を超えた
魂の話ができるほど

みわちゃんとは

魂の深いご縁があることを
出会った時から
お互い感じていました

何千年も前から
何度も一緒に生きてきた
深い繋がりを感じる仲間に
であうと

わたしは、ついつい
前世の記憶はあるのに

今世のことに
疎かったことを

後から
気づいたりします・・・

今世は、子供がいるのか?
あ、結婚してたんだったね!?

みたいにね。。。。

でね、そんな私が
変な予感を受け取って

その時は、どうしても
死の不安がよぎって
自分でも深い意識を解放していくんだけど
どうも拭えない

 

さすがに、半べそをかきながら・・・

そんな私の変な感性を誰よりも理解してくれる

変態マスターの

ヨウスケくんにも打ち明けてみました

すると・・・・

「彼に光を灯してあげたら大丈夫ですよ」

そんな風に言ってくれるのですよ・・・

妙に・・・感動

そもそも
こんなおかしな私の予感を
否定なんかされないから

私は、どれだけ救われてきたことか

とにかく
地球を救いに来たんじゃないか
っていう

みんなみんな

優しい魂の持ち主なのです。

 

その週の授業が終わってから

みわちゃんが

よかったら読んで

といって

前から苦手だと言っていた
ブログの
リンク先を
教えてくれました

あれ〜
こんなの書いていたの??

そのブログは、

みわちゃんの旦那さんとの
これまでの闘病記
だったのです

私は、帰り道に

そのブログを読みながら

家に着いた頃には

号泣して
涙が止まらなくなっていました

いつも素敵な
彼女の笑顔の裏には

今世

ここまで
壮絶な体験があったのかと・・・

知っているようで
知らなかった

当時の彼女の感情や想いを

そのまま自分に移して
震えるほど
泣きました

 

そして

 

その涙とともに
私が抱えていた不安は
全て

洗い流されていくのです

 

私がやたらと
感じていたことの全てが
そこにありました

みわちゃんが
既に
全ての体験をしてくれていたことに
気づいたのです

私の意識が
選択しようとしていた
パートナーの死

それを
既に、みわちゃんがしていることで
私は、もう体験しなくていいんだよ

と教えていくれているようでした

 

私は、そこで
感じたかったエネルギーを
何度も読み直しながら
感じ尽くして
リセットすることができた気がしました。

 

みわちゃんの体験は、私だけでなく
多くの方のレメディになると思います

 

よかったら読んでください
(本人の許可をもらってご案内します)

*・゜゚・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・゜゚・*

最愛の夫と命の選択

脊髄梗塞を患い、闘い抜いた夫とその家族のブログ
夫が闘病を終えた時に
読み返してもらう為に残した記録

★最初の記事は、こちらから

2017年8月

*・゜゚・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・゜゚・*

彼女は、ここから
大きく大きく進化していったのがわかります

常に最愛の人に見守られていることを
今も身近に感じながら

ホメオパシーに出会い
日々
日常で活用していくことで

 

もともと持っていた

サイキックな能力を
開花させいく

 

死を知ることで
本当の生を知っていく

命の美しさや深さを
私に教えてくれました

みわちゃんの
旦那さんの

優しく大きな愛が
私にまで
伝わってくるのです〜

 

何があっても大丈夫!!!

私たちは、また

出会えたのだもんね💕

 

私は、いつも感じるんです〜〜〜。

ホメオパシーを通して

統合医療を学んでいる私たち9期の仲間は、

本当に素晴らしいハイルクンスト

真の治療家に
なるであろうと・・・

それは、

優秀な何者かになるのでもなく

本来の自分
戻っていくことで

本来の自分の力を思い出すってこと

それこそが
必ず
誰かの多大なる力を想い出させ
この世界を変えていく!!!!!

 

だって〜〜〜
既に
そうなのだもの

 

少なくとも私は、

多大なる癒しと力を
今この瞬間も
みんなから
受け取っています

それぞれがそれぞれに
なるだけでいい

もっと色濃く
変態に
なっていくんだろうな〜〜!!!!

くくり組

やっぱり
ヒトは、そもそも
誰しも、治療家であり
セラピストであり
ヒーラーなんだと思えて
ならないのです。

 

私の愛する
くくり組

この出会いは、出愛

共に愛を深めていく
仲間であることを感じています

いつもいつも
ありがとう

愛しているよ〜

なみ

いざ栃木へ!

お久しぶりの投稿です。

前回の投稿は試験の直後だったんだ…と感慨深い気持ちで振り返っていましたが、明日は学校の追試試験日です。

私は予想通り追試だったのですが…

今日は一先ず、栃木県の鹿沼市に来ました!

柊というイタリアンレストランがあるのですが、ここのオーナーさんはとにかく現代版仙人のような、すごい方です笑

私たちのいかされいる生命の仕組みをしっかり理解されていて、地球に還すものは汚さない、磁場を整え、菌との共存を自分らしく進化させ続けている、本当に素晴らしい方です。

そもそも同じクラスのゆみちゃんが導いてくれたテネモスさんとのご縁で、今回は栃木まできて美味しいお料理と、オーナーの知恵を特別にシェアしてもらえるというスペシャルな時間を過ごしていますが、せっかく栃木まで来たんだから、今月は日光まで行って泊まろう!と思い立ちました。

私は月一回、旅をする事を自分に課しています。というか、したいのでしています。

意識って面白いですよね。最近本当に思うのですが、出来ると思えば出来るし、信じて疑わないから、人生がそうにしかならない。

とにかく決めちゃう。

お金が…とか思う暇もなく、準備されちゃうので、ありがたい事にこうやって来れているんだなぁと思います。

旅の理由は、日本の素晴らしさを感じたいし、あわよくば素敵な土地なら、引っ越したいと思っているからです。それに、磁場の良い所に行くのも好きです。

明日は日光から、金谷ホテルのお庭や近くの橋や神社、東照宮なんかも巡って来たいと思います。

明日の試験を受けると思っていたら、来られなかったであろう今日のご縁に感謝して、明日も楽しんでゆっくり帰ろうと思います。

昔の自分だったら、試験が気になっちゃっって、旅行どころじゃないよ‼︎

とか、言ってただろうなぁ…。

今の

この世的価値観を解放でき始めている自分が、大好きです☺︎笑

 

 

 

 

平成最後の日〜祈りと感謝を込めて73より

私たちが通う
カレッジ・オブ・ホメオパシー

学校も

2年生の授業が
はじまったばかり
新たなことが始まる春ですが

気づけば

平成最後の日
という時代の歴史的瞬間を

迎えました!!!

普段
テレビを見ない私も

今日は
朝から

天皇陛下が

皇居・宮中参殿へとむかう

即位の儀を

テレビ越しに拝見していただきながら

様々なことが浮かび
泣いてばかりです。。。。

 

実は、

1年半前に

勤労奉仕のお会釈 会で

天皇両陛下と皇太子殿下と
初めて
お話しする機会をいただきました。

 

 

勤労奉仕とは、

国民なら誰でも!!!

15名以上の団体で
4日間の皇居のお掃除させていただける
ご奉仕ホランティア活動です

4日間の中でも

運が良ければ、
天皇両陛下と皇太子殿下に
直接お会いすることができる
お会釈があります。

 

宮古島から

東京に帰ってきたばかりの私は

東京1のパワースポット

勤労奉仕で

人生が変わった!
という友人の話を

何度か聞かされることになり

 

大人の遠足気分で皇居へ

毎年、春に
参加させてもらっていました。

 

なにより

東京のど真ん中に位置する
皇居の大自然に癒される!!!!

毎回毎回
とても感動的な
体験をさせてもらっていたのです。

そして

4回目になった
2017年の10月

どうしても私が団をつくって
団長を
しなくてはならない流れになり・・・

縄文の歴史書と言われるホツマツタエを勉強する仲間や
御神事や舞の友人や先生
私が主催している
セラピストや講師を育成をしている
イザナミ校の生徒さんに、声をかけて

全国各地から集結したメンバー
プラス 私の父親も加わり

「いさなみ あわの会」奉仕団

を結成しました!!!

私たちは、古代ヲシテ文字で
「あわの歌」が書かれた

お揃いの
Tシャツと手ぬぐいを
5元素をモチーフに
オリジルデ製作をお願いし

これを全員着用して、挑んだのです

朝早くに
皇居に集まり
警察の厳重な警備と点呼をしてから整列して
皇居内に入ります

宮内庁の方に案内されて

私たちのご奉仕期間は、
4つの団体がいて

それぞれ分かれて
皇居内の清掃をしていきました。

広大な敷地の中は、

一般では決して入ることのできない
国賓を迎えるお部屋や
園遊会のあの庭園や
国の重要文化財の数々

テレビで見たことがある場面を

お掃除しながら
庭師の方の楽しいお話とともに

実は、
見学案内をしていただくという
おもてなしばかり・・・・

皇居内は、
広大な敷地になっているので

4日間での作業と歩く距離は
かなり!!になるのですが

それよりも何よりも

巨木や大自然に溢れていて

と〜〜〜っても気持ち良す!!!

ご奉仕中の皇居内での撮影は、
一切禁止ですが

プロのカメラマンさんによる記念撮影は

赤坂御所と2回ほどあります

実は、この4日間のうち

お会釈会があるのか
いつ行われるのかは

わからないのですが

天皇両陛下、皇太子殿下は、
激務のご公務の中でも

何より国民との関わりや

ご奉仕団への労いのため

御会釈を楽しみに
大切に大切に
してくださっているのがよく分かります。

そして、実は・・・

団長は、

団員の代表として

天皇両陛下
皇太子殿下へ

日頃の活動内容を
説明をするために
直接お話します。

基本的に聞かれたこと以外
余計なことや発言することや行動も
決して許されない
厳重な警戒のもと行われるのですが

そんな
緊張感の中

誰もが

不思議なほど
溢れる涙を止められなくなります。

これは、本当に説明のしようがないのですが

天皇皇后両陛下を

間近にすると
涙は、勝手に溢れてきてしまうのです。

実は、私は、
こんな体験をもう3回もしていて

とてもじゃないけど
団長なんて
務まるわけがない!!!

と、とにかく
団長だけは、
断固拒否したのですが・・・・

みんなの説得と

そんな小心者で天邪鬼な自分から
抜け出したい!
という思いに立ち返っての
初挑戦でした・・・・

ところが
いろんなデトックスが同時に起こって

その期間

私は、ひたすら咳をし続け
みんなに終始心配される始末・・・・

そんな中

赤坂御所では

皇太子殿下との御会釈がありました。

こんな言葉を使っては
失礼に当たるのかもしれませんが

実物の皇太子殿下は、

とてつもなく凛々しく!!!!!
カッコいいのです・・・

何より

お話しするときは
相手の目を

射抜いてしまうんじゃないかと思うほど

しっかりと見つめる

目力が半端ないのです!!!!

そんな目でみられたら

私は、何も喋れなくなる・・・

なんて

とてつもなく緊張して

その時をまっていたわけです。

しかし

実際は、

皇太子殿下と目があうと
とてつもなく優しい優しいエネルギーに溢れていました

「みなさんは、どのような活動をされているのですか?」

と聞かれ

思わず、

「あのね」

なんて
言ってしまいそうになるほど
(冗談です)

実際は、びっくりするほど

緊張はほぐれ

非常にお優しい!!!!!

「私たちは、
縄文の歴史書と言われるホツマツタエを勉強しながら
古代日本の歴史や神話や古代文字について学び
日常で あわ歌を唄い、舞、祈りを大事にしている奉仕団です」

と、答えました

「そうですか、どうかお体に気をつけて」と

私の後ろに整列した
団員みんなに
目を配ってくださいました。

 

これから陛下になられる皇太子さまの

貫禄は
年々増していくのを感じていました。

そして

わたしたちは、また元氣に!

園遊会のお庭の
落ち葉拾いや雑草取り
お掃除に励むことができました!!

 

皇居の中でも
もっともエネルギーが高い場所があります

 

それは

今回、退位の儀が行われた
日本の神事をおこなう聖域

 

賢所(かしこどころ)

宮中三殿

と言われる

天照や八百万の神々などが
祀られ

天皇陛下を中心に
国の大事な
神事が執り行われる場所になります

つまり

日本の祈りの根幹となる聖域なのです

この中へ入る門は、
神事が行われるとき以外は
固く閉ざされていて

これまで
中を覗くこともできないその門の
外から

神社の参拝と同じく
二礼二拍手をして
参拝させていただくのです

この周辺は、
別格!といってもいいほど
神気を感じる

とても気持ちの良い
エネルギーが
漂っているので
非常に印象的な空間でした

 

ところが

いつもは・・・・

宮内庁の庭師の方が
それぞれの団を
案内されるはずのところを

4日目の最終日

私たちの団だけ

白い袴の
神職さんが
迎えに来られ

後に
ついていくと

いつの間に・・・

その宮中参殿の中へ
通されいたのです

先頭を歩いていた私は、

まさか?と疑いながらも

これが
いつもの道と違うことに

だんだん
気づきはじめるのですが・・・・

団員として参加している人のほとんどが
勤労奉仕
初参加の方が多く
誰も気づいてはいないのです

私は、何度も何度も振り向いて
やばい!やばい!!!

っと
挙動不審にジェスチャー
ちょっぴりパニック状態・・・

そして、

宮中参殿の中で
正式参拝のように
みんなで順番に参拝をさせていただき

案内をしてくれた
若い神職さんから

これから1年でもっとも大事な神事となる
神嘗祭
準備を手伝っていただきます
と、説明をされました

この宮中三殿の中でのご奉仕は、

とても稀なことで

震えてしまうほど
その中は、
それはそれは
神聖なエネルギーに溢れていました

なんで私たちの団が
通されたのかは
いまだに謎ですが

実は、気づけば・・・

私の団には、世界各地で祈り舞い
日々祈りを大事にしている方々

普通の生活をしながら日常の中で神事をしている
ような方ばかりの集まりでしたから
(これらの内容について申請はしていません)

荷物の運び出しをして
作業をしている
団員の皆さんの姿は、

かつて
天皇に仕えていた古代の巫女や神官のように
も見えて来て

どこか懐かしく
とても自然な光景にさえ見えました。

そんな宮中三殿での
作業を終えて

休憩をするために移動していたところで

太陽の周りに
大きな虹が出て

神職さんが
こんなに大きな虹は、初めて!!!と
感動していたそうです

私は、団長として
そのとき 宮内庁にて賜り物を
受け取っていたので

その後

仲間と合流したときに
虹の説明してくれるみんなの目が
とにかく
キラキラしていました

そして、

その直後に

天皇皇后両陛下とのお会釈がありました。

厳重警備の中
お車が
部屋の目の前に到着すると

ゆっくりゆっくり
寄り添いながら登場された
両陛下

間近でお会いするお姿は、
とてつもなく神々しく

お姿が近づくにつれて
涙をすする音が部屋の中に聞こえてきます

その国民を見渡す視線は

まるで愛おしい我が子を見るように

優しい

とんでもなく慈愛に溢れてい流のです

言葉にすると
なんとも胡散臭いのですが

普段泣くことがないと言ってた男性も
泣かずにはいられなくなるのですから・・・
これが摩訶不思議なのです〜〜〜

しかし、

私は、もちろん!!

今回ばかりは
泣いては、いられません!!!!

団長一人一人に話しかけてくださり

私の前に来ると一礼して
奉仕団の名前をお伝えします

皇太子殿下と同じく

団の説明をさせていただきました。

「あわの歌とは、どんな歌なのですか?」

と、天皇陛下に聞かれたので

「あわ歌は、古代ヲシテ文献の
ホツマツタエで

いざなき いざなみが
言葉の乱れた時代に
全国各地を歌って回ったと言われる
結びの歌です」

と、説明させていただくと

皇后美智子様が
すかさず

「聞きたいわよね!」
と陛下に
伺うようにおっしゃられたので

「歌ってもよろしいでしょうか?」

と、お伺いすると

とても嬉しそうに
弾みながら美智子さまは、
頷いてくださいました

私たちは、その場で
5月にも
伊勢神宮で御奉納舞した
あわの歌を唄いました

*・゜゚・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・゜゚・*

あかはなま いきひにみうく
ふぬむえけ へねめおこほの
もとろそよ をてれせへつる
すゆんちり しいたらさやわ

*・゜゚・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・゜゚・*

そのとき
ともにいた他の団体も
あわ歌を
知っている方が多かったようで

気づけば
みんなの大合唱になっていました

美智子さまは、一音一音を頷きながら
聞いていて

両陛下は、
とてもとても嬉しそうにされていました。

みんなのすすり泣く声も
ピークを迎えていました。

それぞれの団長とお話を終えてから

最後に、万歳三唱をして

お見送りをします

これまでの中でも
あまりにも感動に溢れた
奇跡のような4日間の
ご奉仕でした

 

あわ歌 とは、

毎日唱えると
五臓六臂が整い
空間や波動が整う言霊という内容が
古代文献にも書かれています

日本語の48音(オト)は、

ホメオパシー
レメディのようなものだと思われます。

それぞれ

母音を司るオトは

固有のバイブレーションを放つのです。

 

古代ヲシテ文字は、

天皇家(アマカミ)だけが
使うことが許されていたとも言われ

その文字自体に
エネルギーがあります

江戸時代には、禁止文字として封印されていたのですが

この時代に
世の中に出てくるのにも意味があるように感じています

私たち祖先から伝わる

言霊(ことだま)・音霊(いろたま)・型霊(かただま)

全てに
エネルギーを放っている

まさに、波動
レメディなのです!!!

皆様は、ご存知でしょうか??

国の象徴と言われる
天皇陛下のお仕事は、

祈りです

神社の神主さんや宮司さんを総括する
祈りの儀式を行う神官のトップ
なのです。

 

祈りの国に生まれた私たちは

戦後

とても大事な
自分のことを
知らされていません

日本という国は、

世界で最も古い国であることは
ギネスブックにも載っているのですが
ほとんどの国民が知りません

アインシュタインは

かつて日本に訪れた時に

世界が闇に包まれたときに

精神性のリーダーとなるのは、
日本であろう
と言い残しています

日本の建国の理念は

「八紘一宇」はっこういちう

「世界が一つの屋根の下でありますように」

という
世界平和
祈って
創られた国とも言われています。

こんなことを言えば
右寄りだ
と言われてしまうこともあったので
私も発信を避けた時期もありましたが

もう、時代は、
右も左もない

今ここ
統合の時ですから

自分の恐れをただ
手放していくだけですから💕

もう、国という枠すらも超えて
ただただ祈りたい

こんなことばかり発信することになった
私は、

そもそも
日本に全く興味がなく生きていきました

フランス料理に明け暮れた頃は、ヨーロッパを訪れ
癒しの南の島に憧れハワイやバリや沖縄へ
その後は、精神世界に目覚めて
ネイティブアメリカンの聖地シャスタへ

などなど

とにかく
日本だけは

興味が湧かない!!!

な〜〜の〜〜に〜〜〜

宮古島での10年の島生活で

おば〜を中心とする
祈りや祭りという
神事の多くに触れるようになり

がつく島

宮古
島で
身近に感じて来た10年から

日本の神事に自然と繋がって行きます

その大きなキッカケが


2013年の大遷宮の年

陰陽を結ぶ

伊勢遷宮儀式と
出雲遷宮儀式に
参加することから

勝手に・・・・
全国各地へ
日本の神事に携わるようになりました

なんでこうなっちゃうのかは・・・・

魂の歴史に
意味があるようで

ホメオパシーレメディを
日常で取り入れることで

自然と

自分の本当のことが
露わになって
行きました

特に、私の
子宮の病は、

自分の子宮というお宮
肉体という社(ヤシロ)と
意識について

たくさん
教えてくれました。

 

平成最後の日

これまで
全身全霊で
天皇陛下は、祈りの儀式をされて来ました

時に、極寒の中
寝ずに祈るという儀式が
執り行われきました

宮古島のおば〜もそうでしたが

それは、

常に
国民のため
世界平和のために

祈られているのです

そして

これが
日本という祈りの国の
根幹になっています

ですから

見えないエネルギーで
私たちは
守られてきました

神の国

日本

と言われる
この日本では、

国民は、大御宝
呼ばれます

今日は、

天皇両陛下に
心からの感謝を込めて
綴りました

これからは
私たちが
ともに祈る時だと感じています

全てのものに神が宿る
この国の精神性を想い出す時ですね

これから世界が
注目していく精神性

ぜひ!!

機会があれば
勤労奉仕に参加して

このエネルギーをご自身で
感じて
確かめてみてください!!!!

国民でしたら誰でも参加できます

これからは

誰もが古来から大事にして来た
祈りや、祭りに目覚めていく時代ですから

自分に目覚めていくために💕

新しい未来は、
古来に
ヒントがあると言われています

縄文の古代文字や
神話にぜひ触れてみてください

レメディのように

自分を
思い出していくはずですから
たくさんのイベントを開催しています

イザナギイザナミプロジェクト
73(なみ)でした

●イベント一覧
●73ブログ

また、令和で
愛ましょう〜!!!!

令和っしょい!!!!